日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

乳癌肝転移に対して動注化学療法は勧められるか (薬物療法・転移・再発乳癌の治療・ID10260)

CQ24 乳癌診療ガイドライン1治療編(104-105ページ)
推奨グレード D 乳癌肝転移に対して,動注化学療法は行うべきではない。

推奨グレードを決めるにあたって

 乳癌肝転移に対する動注化学療法と静注化学療法の比較試験はない。動注化学療法は最適レジメンが不明で,投与に際して手技が煩雑かつカテーテルトラブルのリスクがある。新規薬剤の静注化学療法によるエビデンスが盛んに報告されている今日,安易な実践は推奨されない。

背景・目的

 大腸癌肝転移の治療においては,メタアナリシスにより動注化学療法が静注化学療法と比較して,生存期間の延長はみられないものの,奏効率が有意に良好であったことが報告されている1)。乳癌の肝転移に対しても大腸癌同様に動注化学療法が試みられているため,その有用性を検証した。

解 説

 乳癌肝転移に対する動注化学療法(肝動注)に関しては,肝動注の第Ⅰ/Ⅱ相試験2),ランダム化第Ⅱ相比較試験3),症例集積4)~7)など複数の報告が存在し,その多くは日本からの報告である8)。奏効率は1つの後ろ向き試験6)を除くと約40%程度である2)~5)。MEDLINEなどのデータベースをもとに,2000年から2012年までに発表された主な転移臓器が肝である乳癌患者を対象にした臨床研究をまとめた報告がある9)。その結果から,静注化学療法の臨床試験(合計:27試験,n=4,958)では生存期間の中央値が17.9カ月(範囲6~29.2カ月)であったのに対し,動注化学療法の臨床試験(合計:6試験,n=373)では,生存期間の中央値が27.9カ月(範囲18.5~47カ月)であった。ただし,静注化学療法と動注化学療法のランダム化比較試験の報告はない。動注化学療法に特有の合併症として,留置カテーテルトラブルが2~4割に認められる2)6)。また,臨床試験の数が少なく,肝動注の定まったレジメンはない。最適レジメンが不明なうえ,静注化学療法に比べて手技が煩雑であることが問題として挙げられる。

 以上より,乳癌肝転移に対して肝動注が静注化学療法に比較して勝っているというエビデンスは十分ではなく,バイアスを否定できないため生存期間に与える影響も不明である。最適レジメンが不明であり,手技が煩雑でカテーテルトラブルのリスクがあることなどを考慮すると日常臨床で肝動注を行うことは推奨できない。

検索式・参考にした二次資料

 PubMedにて,Breast Neoplasms/drug therapy,Breast Neoplasms/therapy,Liver Neoplasms/secondary,Infusions,Intra—Arterialのキーワードを用いて検索した。

参考文献

1) Meta‒Analysis Group in Cancer, Piedbois P, Buyse M, Kemeny N, Rougier P, Carlson R, et al. Reappraisal of hepatic arterial infusion in the treatment of nonresectable liver metastases from colorectal cancer. J Natl Cancer Inst. 1996;88(5):252‒8.
→PubMed

2) Ikeda T, Adachi I, Takashima S, Ogita M, Aoyama H, Sano M, et al. A phase Ⅰ/Ⅱ study of continuous intra‒arterial chemotherapy using an implantable reservoir for the treatment of liver metastases from breast cancer:a Japan Clinical Oncology Group (JCOG) study 9113. JCOG Breast Cancer Study Group. Jpn J Clin Oncol. 1999;29(1):23‒7.
→PubMed

3) Fraschini G, Fleishman G, Charnsangavej C, Carrasco CH, Hortobagyi GN. Continuous 5‒day infusion of vinblastine for percutaneous hepatic arterial chemotherapy for metastatic breast cancer. Cancer Treat Rep. 1987;71(11):1001‒5.
→PubMed

4) Tada A, Ogawa M, Inagaki J, Horikoshi N, Inoue K, Yamazaki H, et al. [Arterial infusion of combination chemotherapy consisting of adriamycin and mitomycin C for liver metastases of breast cancer]. Gan To Kagaku Ryoho. 1986;13(1):70‒4. Japanese.
→PubMed

5) Zimmerman T, Padberg W, Kelm C, Quoika P, Schwemmle K. [Locoregional chemotherapy in the treatment of liver metastasis of breast carcinoma]. Zentralbl Chir. 1992;117(4):226‒30. German.
→PubMed

6) Arai Y, Sone Y, Inaba Y, Ariyoshi Y, Kido C. Hepatic arterial infusion chemotherapy for liver metastases from breast cancer. Cancer Chemother Pharmacol. 1994;33 Suppl:S142‒4.
→PubMed

7) Li XP, Meng ZQ, Guo WJ, Li J. Treatment for liver metastases from breast cancer:results and prognostic factors. World J Gastroenterol. 2005;11(24):3782‒7.
→PubMed

8) Mano MS, Cassidy J, Canney P. Liver metastases from breast cancer:management of patients with significant liver dysfunction. Cancer Treat Rev. 2005;31(1):35‒48.
→PubMed

9) Rodes Brown S, Martin RC 2nd. Management of liver dominant metastatic breast cancer:surgery, chemotherapy, or hepatic arterial therapy‒benefits and limitations. Minerva Chir. 2012;67(4):297‒308.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.