日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

局所進行乳癌に対して局所動注化学療法は勧められるか (薬物療法・特殊病態・ID10320)

CQ30 乳癌診療ガイドライン1治療編(126-127ページ)
推奨グレード D 局所進行乳癌に対する局所動注化学療法は行うべきではない。

推奨グレードを決めるにあたって

 術前の静注化学療法による数多くの報告が集積している今日,局所進行乳癌に対して局所動注化学療法が,最新の静注化学療法より優れるとするエビデンスはない。最適レジメンさえ不明な局所動注化学療法の施行で適切な薬物療法を受ける機会を逸する可能性があり,実施すべきではないため,グレードDとした。

背景・目的

 局所進行乳癌に対する集学的治療の一環として,術前化学療法が行われている。静注による化学療法が一般的だが,薬物の局所濃度を上げることによる抗腫瘍効果の増強を主な目的として,局所動注化学療法という方法も試みられてきた。本項では,その有用性について検証する。

解 説

 局所進行乳癌に対する局所動注化学療法は,切除不能な局所進行乳癌に対して1980年代より試みられてきた。しかし,報告の多くは症例集積1)~5)で,局所進行乳癌に対する「動注」化学療法と「静注」化学療法を比較したランダム化試験の報告6)は1件,第Ⅱ相試験7)~9)は3件報告されている。唯一のランダム化比較試験の報告6)によると,局所進行乳癌患者76人を対象に術前「静注」化学療法群と術前「動注」化学療法群に割り付け,ともに同量のエピルビシン50 mgをday 1,4,7(計150 mg)投与した。奏効率は動注群が静注群よりも有意に良好であった(68% vs 36%)が,生存期間は両群間で有意差を認めなかった。毒性については,脱毛,白血球減少,貧血はほぼ同等であった。悪心・嘔吐は動注群で良好であったが,皮膚壊死が動注群で14%に認められた。

 このランダム化比較試験の結果6)から,同量の化学療法を行った場合,「動注」化学療法は「静注」化学療法をしのぐ局所制御をみせるが,本試験での化学療法薬の投与量が,静注化学療法に標準的に使用される量よりも相当少ないことが問題である。局所動注化学療法の症例集積などの報告1)2)7)10)11)によると,局所進行乳癌に対する「動注」化学療法の奏効率は50~80%前後であるが,局所進行乳癌を含む患者を対象とした術前化学療法の臨床試験(NSABP B—27,n=2441)の結果では,AC療法(各60,600 mg/m2 3週毎)4サイクルによる「静注」化学療法で奏効率85.5%,順次的にドセタキセル(100 mg/m2 3週毎)4サイクル追加投与した場合の奏効率は90.7%と報告されている12)。したがって,奏効率だけを単純に比較しても,「動注」が「静注」に勝るという結論は得られない。また,臨床試験の数も少ないため,「動注」化学療法のレジメンも定まったものはなく,最適レジメンは不明であること,「動注」化学療法は「静注」化学療法に比べて手技が煩雑であること,カテーテルトラブルが起こり得ることや医療コストが高いことも問題となる。局所進行乳癌は,遠隔転移がなければ本来根治を目指す治療が選択されるべきである。しかし,「動注」化学療法が選択されることにより,最新のエビデンスに基づく最適な薬物療法を受ける機会を逸する可能性があるという点は特に大きな問題であると考えられる。

検索式・参考にした二次資料

 PubMedにて,Breast Neoplasms,locally,advanced,chemotherapy,Drug Therapy,“Chemotherapy,Adjuvant”,infusion,“Infusions,Intra—Arterial”のキーワードを用いて検索し,さらに治療に関する文献に限定した。その中で比較的患者数の多い症例集積と第Ⅱ相および第Ⅲ相試験を選択した。

参考文献

1) Koyama H, Nishizawa Y, Wada T, Kabuto T, Shiba E, Iwanaga T, et al. Intra‒arterial infusion chemotherapy as an induction therapy in multidisciplinary treatment for locally advanced breast cancer. A long‒term follow‒up study. Cancer. 1985;56(4):725‒9.
→PubMed

2) Iwasa Z, Matsunami N, Saeki Y, Kurooka K, Yamato M, Okuno K, et al. The follow up study of intra‒arterial infusion chemotherapy with local vein blocking as a surgical neo‒adjuvant treatment for locally advanced breast cancer. Jpn J Surg. 1988;18(2):131‒5.
→PubMed

3) Toda K, Hirata K, Sato T, Okazaki M, Asaishi K, Narimatsu E. Histological evaluation of the effects of intraarterial chemotherapy for advanced breast cancer:a long‒term followup study with respect to the survival rate. Surg Today. 1998;28(5):509‒16.
→PubMed

4) Murakami M, Kuroda Y, Nishimura S, Sano A, Okamoto Y, Taniguchi T, et al. Intraarterial infusion chemotherapy and radiotherapy with or without surgery for patients with locally advanced or recurrent breast cancer. Am J Clin Oncol. 2001;24(2):185‒91.
→PubMed

5) Kitagawa K, Yamakado K, Nakatsuka A, Tanaka N, Matsumura K, Takeda K, et al. Preoperative transcatheter arterial infusion chemotherapy for locally advanced breast cancer (stage Ⅲb) for down‒staging and increase of resectability. Eur J Radiol. 2002;43(1):31‒6.
→PubMed

6) Takatsuka Y, Yayoi E, Kobayashi T, Aikawa T, Kotsuma Y. Neoadjuvant intra‒arterial chemotherapy in locally advanced breast cancer:a prospective randomized study. Osaka Breast Cancer Study Group. Jpn J Clin Oncol. 1994;24(1):20‒5.
→PubMed

7) Fiorentini G, Tsetis D, Bernardeschi P, Varveris C, Rossi S, Kalogeraki A, et al. First‒line intra‒arterial chemotherapy (IAC) with epirubicin and mitoxantrone in locally advanced breast cancer. Anticancer Res. 2003;23(5b):4339‒45.
→PubMed

8) Pacetti P, Mambrini A, Paolucci R, Sanguinetti F, Palmieri B, Della Seta R, et al. Intra‒arterial chemotherapy:a safe treatment for elderly patients with locally advanced breast cancer. In Vivo. 2006;20(6A):761‒4.
→PubMed

9) Shimamoto H, Takizawa K, Ogawa Y, Yoshimatsu M, Yagihashi K, Okazaki H, et al. Clinical efficacy and value of redistributed subclavian arterial infusion chemotherapy for locally advanced breast cancer. Jpn J Radiol. 2011;29(4):236‒43.
→PubMed

10) Noguchi S, Miyauchi K, Nishizawa Y, Koyama H, Terasawa T. Management of inflammatory carcinoma of the breast with combined modality therapy including intraarterial infusion chemotherapy as an induction therapy. Long‒term follow‒up results of 28 patients. Cancer. 1988;61(8):1483‒91.
→PubMed

11) Stephens FO. Intraarterial induction chemotherapy in locally advanced stage Ⅲ breast cancer. Cancer. 1990;66(4):645‒50.
→PubMed

12) Bear HD, Anderson S, Brown A, Smith R, Mamounas EP, Fisher B, et al;National Surgical Adjuvant Breast and Bowel Project Protocol B‒27. The effect on tumor response of adding sequential preoperative docetaxel to preoperative doxorubicin and cyclophosphamide:preliminary results from National Surgical Adjuvant Breast and Bowel Project Protocol B‒27. J Clin Oncol. 2003;21(22):4165‒74.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.