日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

センチネルリンパ節の同定には、インドシアニングリーンを用いた蛍光法が勧められるか (外科療法・腋窩リンパ節郭清・センチネルリンパ節生検・ID20650)

CQ10 乳癌診療ガイドライン1治療編(232-233ページ)
推奨グレード B インドシアニングリーン(ICG)を用いた蛍光法によるセンチネルリンパ節生検の長期成績は明らかではないが,良好な同定率を示しており,実施が勧められる。

推奨グレードを決めるにあたって

 インドシアニングリーンを用いた蛍光法によるセンチネルリンパ節の同定は,長期予後は明らかではないが,同定率はRI法や色素法と遜色ないため,推奨グレードBとした。

背景・目的

 センチネルリンパ節生検(SNB)は臨床試験によってその安全性と有用性が検証され,現在では広く臨床応用されている。センチネルリンパ節(sentinel lymph node:SLN)同定に用いられるトレーサーは大きく分けて色素とラジオアイソトープ(radioisotope;RI)があり,それぞれの単独法かあるいは併用法が用いられている。近年インドシアニングリーン(indocyanine green;ICG)を用いる蛍光法の有用性が確立しつつある。センチネルリンパ節の同定に,蛍光法が勧められるか科学的根拠に基づき検討した。

解 説

 センチネルリンパ節同定法として,RI法,色素法のほか,ICGを用いた蛍光法,マイクロバブルやsupramagnetic iron oxide nanoparticle(SPIONs)を用いた造影超音波法などが報告されている1)~5)

 2005年から2013年の間,ICGを用いた蛍光法に関する報告は,RI法(色素法併用を含む)とのランダム化比較試験が1件6),コホート研究としてICG蛍光法とRI法の比較試験7),ICG蛍光法+色素法とICG蛍光法+RI法との比較試験8),ICG蛍光法とICG蛍光法+RI法の比較試験9),他に11件の研究が報告されていた10)。これらのシステマティック・レビューによると,ICG蛍光法を用いたSNBは1,362例の乳癌患者に対して実施され,使用されたICGの量は0.625~25 mg(1~5 mL)であった10)。ほとんどの報告で,ICGは乳輪縁もしくは乳輪の皮下または皮内に注入されていた11)。SLN,リンパ流は1研究を除き,蛍光カメラで確認されていた。ICG蛍光法によるSLN同定率は93.1~100%で,同定されたSLN個数は1.5~5.4個であったSLN同定率はICG蛍光法と色素法で差はなく,15研究中11研究において100%であった。

 ICG蛍光法はリンパ流を可視化できるため,色素法よりリンパ流が確認しやすいことや同定個数の多いことが特徴として挙げられる。Wishartらの報告では,色素法・ICG蛍光法併用にて同定された242個のSLNうち,色素法によって同定されたSLNは201個で,残りの41個(17%)はICG蛍光法によって同定されていた12)

 ICG蛍光法に関する問題点として,いずれも短期成績のみの報告で長期予後が不明である点,至適注入部位や量の問題,同定個数の問題が挙げられる。ICG蛍光法では副作用がみられた報告はなく,ICGによるヨードアレルギーに留意すれば,安全に実施可能である。また,ICG蛍光法は色素法に比べてリンパ流の確認が容易となるため皮切の位置が決めやすい点も利点として挙げられる。

検索式・参考にした二次資料

 sentinel lymph node biopsy,fluorescent,fluorescence,identification,breast neoplasm,diagnostic use,lymph node metastasis,lymphatic metastasis,lymph node dissection,lymphangiography のキーワードを用いて検索した。

参考文献

1) Lyman GH, Giuliano AE, Somerfield MR, Benson AB 3rd, Bodurka DC, Burstein HJ, et al;American Society of Clinical Oncology. American Society of Clinical Oncology guideline recommendations for sentinel lymph node biopsy in early—stage breast cancer. J Clin Oncol. 2005;23(30):7703—20.
→PubMed

2) Kitai T, Inomoto T, Miwa M, Shikayama T. Fluorescence navigation with indocyanine green for detecting sentinel lymph nodes in breast cancer. Breast Cancer. 2005;12(3):211—5.
→PubMed

3) Tagaya N, Yamazaki R, Nakagawa A, Abe A, Hamada K, Kubota K, et al. Intraoperative identification of sentinel lymph nodes by near—infrared fluorescence imaging in patients with breast cancer. Am J Surg. 2008;195(6):850—3.
→PubMed

4) Sugie T, Kassim KA, Takeuchi M, Hashimoto T, Yamagami K, Masai Y, et al. A novel method for sentinel lymph node biopsy by indocyanine green fluorescence technique in breast cancer. Cancers(Basel). 2010;2(2):713—20.
→PubMed

5) Omoto K, Matsunaga H, Take N, Hozumi Y, Takehara M, Omoto Y, et al. Sentinel node detection method using contrast—enhanced ultrasonography with sonazoid in breast cancer:preliminary clinical study. Ultrasound Med Biol. 2009;35(8):1249—56
→PubMed

6) van der Vorst JR, Schaafsma BE, Verbeek FP, Hutteman M, Mieog JS, Lowik CW, et al. Randomized comparison of near—infrared fluorescence imaging using indocyanine green and 99(m)technetium with or without patent blue for the sentinel lymph node procedure in breast cancer patients. Ann Surg Oncol. 2012;19(13):4104—11.
→PubMed

7) Polom K, Murawa D, Nowaczyk P, Rho YS, Murawa P. Breast cancer sentinel lymph node mapping using near infrared guided indocyanine green and indocyanine green—human serum albumin in comparison with gamma emitting radioactive colloid tracer. Eur J Surg Oncol. 2012;38(2):137—42.
→PubMed

8) Hojo T, Nagao T, Kikuyama M, Akashi S, Kinoshita T. Evaluation of sentinel node biopsy by combined fluorescent and dye method and lymph flow for breast cancer. Breast. 2010;19(3):210—3.
→PubMed

9) Murawa D, Hirche C, Dresel S, Hünerbein M. Sentinel lymph node biopsy in breast cancer guided by indocyanine green fluorescence. Br J Surg. 2009;96(11):1289—94.
→PubMed

10) Ahmed M, Purushotham AD, Douek M. Novel techniques for sentinel lymph node biopsy in breast cancer:a systematic review. Lancet Oncol. 2014;15(8):e351—62.
→PubMed

11) Yamamoto S, Maeda N, Yoshimura K, Oka M. Intraoperative detection of sentinel lymph nodes in breast cancer patients using ultrasonography—guided direct indocyanine green dye—marking by real—time virtual sonography constructed with three—dimensional computed tomography—lymphography. Breast. 2013;22(5):933—7.
→PubMed

12) Wishart GC, Loh SW, Jones L, Benson JR. A feasibility study(ICG—10)of indocyanine green(ICG)fluorescence mapping for sentinel lymph node detection in early breast cancer. Eur J Surg Oncol. 2012;38(8):651—6.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.