日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

Non-surgical ablation は早期乳癌の局所療法として勧められるか (外科療法・鏡視下手術・non-surgical ablation・ID20750)

CQ20 乳癌診療ガイドライン1治療編(257-258ページ)
推奨グレード C2 Non—surgical ablationが乳房温存手術と同等の局所療法効果を有するとの根拠はなく,基本的に勧められない。

推奨グレードを決めるにあたって

 Non—surgical ablationは適応を選択すれば局所制御に有用である可能性はあるものの,現時点では臨床試験として実施されるべきであり,推奨グレードC2とした。

背景・目的

 固形癌に対する熱凝固療法や凍結療法といった非切除治療(non—surgical ablation)は,近年多くの癌腫に対して臨床応用が開始されている。特に肝臓癌におけるnon—surgical ablationの普及は目覚ましく,熱凝固療法の一つであるラジオ波焼灼療法(radiofrequency ablation;RFA)はすでに保険収載されている。乳癌においてもnon—surgical ablationにより局所制御が得られれば,乳房温存療法の一つの選択肢となり得る可能性がある。Non—surgical ablationでは,その適応,手技,治療効果の判定法などが非常に重要である。現時点での乳癌におけるnon—surgical ablationについて文献的に検証する。

解 説

 乳癌に対するnon—surgical ablationとしては,①ラジオ波焼灼療法(RFA),②凍結療法,③集束超音波療法等がある。

 凍結療法に関しては,治療後1~4週後に原発巣の切除を行い27人中23人(85%)にviableな浸潤癌を認めなかったが,4人には凍結領域の周囲に非浸潤性乳管癌(DCIS)を認めた1)。熱凝固療法に関しても,集束超音波療法2),RFA3)~8)のいずれに関してもおおむね90%以上の症例において腫瘍壊死が得られており,比較的優れた局所治療効果が報告されている。RFAや集束超音波療法では,治療直後は癌細胞が一定の形態を保持するため通常の病理学的検索では治療効果の判定が困難な場合があり,nicotinamide adenine dinucleotide—diaphorase(NADH)染色による細胞死の判定が行われることが多い。凍結療法に関しては,NADH染色などの特殊染色による細胞死判定の報告はみられない。

 Non—surgical ablation単独による局所療法の成績に関しては,腫瘤径の中央値15 mm(5~50 mm)の乳癌21症例に対し放射線非併用で集束超音波による熱凝固を行い,観察期間中央値14カ月(3~26カ月)の時点で粘液癌の1人に温存乳房内再発を認めた9)。また,平均腫瘤径13 mm(5~20 mm)の乳癌52人に対しRFAによる熱凝固を放射線併用で行い,平均観察期間15カ月(5~30カ月)の時点では再発を認めなかった10)

 画像診断の進歩により早期乳癌が数多く発見されるようになり,non—surgical ablationによる局所制御は重要な検討課題である。しかしながら,乳癌に対するnon—surgical ablationの臨床データに関しては,その適応,至適手技,効果判定法などの検証も十分ではない。2011年に,乳癌低侵襲治療研究会に所属する10施設で乳癌に対しRFAを行った497例を対象に後ろ向き研究が,米国臨床腫瘍学会(ASCO)にて報告された11)。平均腫瘍径は1.6 cm,平均観察期間は50カ月であり,腫瘍径2 cm以下の群は2.1 cm以上に比し,有意に局所再発率が低かった(3% vs 18%,p<0.001)。乳癌に対するnon—surgical ablationは適応を選択すれば,局所制御に有用である可能性はあるものの,現時点では臨床試験として実施されるべきである。

検索式・参考にした二次資料

 PubMedにて,Breast Neoplasms/therapy,ablation,cryotherapy,radiofrequencyのキーワードを用いて検索し,重要性の高いものを選択した。

参考文献

1) Sabel MS, Kaufman CS, Whitworth P, Chang H, Stocks LH, Simmons R, et al. Cryoablation of early—stage breast cancer:work-in-progress report of a multi-institutional trial. Ann Surg Oncol. 2004;11(5):542-9.
→PubMed

2) Furusawa H, Namba K, Thomsen S, Akiyama F, Bendet A, Tanaka C, et al. Magnetic resonance-guided focused ultrasound surgery of breast cancer:reliability and effectiveness. J Am Coll Surg. 2006;203(1):54-63.
→PubMed

3) Jeffrey SS, Birdwell RL, Ikeda DM, Daniel BL, Nowels KW, Dirbas FM, et al. Radiofrequency ablation of breast cancer:first report of an emerging technology. Arch Surg. 1999;134(10):1064-8.
→PubMed

4) Izzo F, Thomas R, Delrio P, Rinaldo M, Vallone P, DeChiara A, et al. Radiofrequency ablation in patients with primary breast carcinoma:a pilot study in 26 patients. Cancer. 2001;92(8):2036-44.
→PubMed

5) Burak WE Jr, Agnese DM, Povoski SP, Yanssens TL, Bloom KJ, Wakely PE, et al. Radiofrequency ablation of invasive breast carcinoma followed by delayed surgical excision. Cancer. 2003;98(7):1369-76.
→PubMed

6) Fornage BD, Sneige N, Ross MI, Mirza AN, Kuerer HM, et al. Small(<or=2-cm)breast cancer treated with US-guided radiofrequency ablation:feasibility study. Radiology. 2004;231(1):215-24.
→PubMed

7) Khatri VP, McGahan JP, Ramsamooj R, Griffey S, Brock J, Cronan M, et al. A phase II trial of image-guided radiofrequency ablation of small invasive breast carcinomas:use of saline-cooled tip electrode. Ann Surg Oncol. 2007;14(5):1644-52.
→PubMed

8) Tsuda H, Seki K, Hasebe T, Sasajima Y, Shibata T, Iwamoto E, et al. A histopathological study for evaluation of therapeutic effects of radiofrequency ablation in patients with breast cancer. Breast Cancer. 2011;18(1):24-32.
→PubMed

9) Furusawa H, Namba K, Nakahara H, Tanaka C, Yasuda Y, Hirabara E, et al. The evolving non-surgical ablation of breast cancer:MR guided focused ultrasound(MRgFUS). Breast Cancer. 2007;14(1):55-8.
→PubMed

10) Oura S, Tamaki T, Hirai I, Yoshimasu T, Ohta F, Nakamura R, et al. Radiofrequency ablation therapy in patients with breast cancers two centimeters or less in size. Breast Cancer. 2007;14(1):48-54.
→PubMed

11) Ito T, Oura S, Yamamoto N, Nagamine S, Takahashi M, Tanino H, et al. Radiofrequency ablation(RFA)of breast cancer:A multicenter retrospective analysis. J Clin Oncol. 2012;30(15):suppl;abstr 1119.

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.