日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

腋窩もしくは鎖骨上リンパ節再発に対する外科的切除は勧められるか (外科療法・転移・再発乳癌の外科治療・ID20820)

CQ25 乳癌診療ガイドライン1治療編(273-275ページ)
推奨グレード B 腋窩リンパ節郭清後,もしくはセンチネルリンパ節生検後腋窩温存した同側腋窩リンパ節単独再発に対しては完治を目指した外科的切除が勧められる。
C2 同側鎖骨上リンパ節単独再発に対しては照射および全身薬物療法が基本となり,完治を目指した外科的切除は,基本的に勧められない。

推奨グレードを決めるにあたって

 腋窩リンパ節単独再発の場合,初回手術時の遺残の可能性が高く,完治を目指した手術は推奨できる。しかし,鎖骨上リンパ節再発に関しては通常の郭清範囲を超えており,報告も少ないため推奨されない。

背景・目的

 腋窩リンパ節郭清後もしくはセンチネルリンパ節生検(SNB)にて腋窩温存した患者における腋窩リンパ節単独再発の報告は増えている。また,乳癌根治術後の同側鎖骨上リンパ節単独再発の患者はしばしば経験する。一方,初診時同側鎖骨上リンパ節転移を認める乳癌は遠隔転移を有する乳癌と生存率が異なることから1),現在N3として取り扱われている。乳癌の初期治療においては,腋窩リンパ節転移個数が4個以上の患者に対して胸壁や所属リンパ節への放射線療法で予後の改善が期待できるなど,局所制御による治療効果はあると考えられる(放射線CQ 7参照)。遠隔転移を伴わない腋窩,鎖骨上リンパ節単独再発に対する外科的切除をすることの意義についてエビデンスをもとに検討した。

解 説

 腋窩もしくは鎖骨上リンパ節再発に関して,そこに外科的切除を加える群と切除しない群でのランダム化比較試験は存在しない。よって,後ろ向きの報告から検討した。

 2012年の腋窩リンパ節郭清後の同側腋窩リンパ節再発の報告によると,観察期間70.2カ月で4,473例中35例0.8%に再発を認めた。腋窩再発後の乳癌特異的5年生存率は57.9%であった。再腋窩郭清できた12例の5年生存率は82.5%であったが,再郭清なしの23例だと44.9%であり,再郭清できたほうが有意(p=0.039)に予後良好であった2)

 センチネルリンパ節陰性にて腋窩温存した場合の腋窩リンパ節再発は約0.3~1.6%でありSNBの偽陰性率よりかなり少ない3)~5)。さらに,免疫組織染色でセンチネルリンパ節転移陽性であるが腋窩温存した場合では,腋窩リンパ節再発は観察期間30カ月の時点で1.7%であった4)。ところが,HE染色のみでセンチネルリンパ節陽性と診断された場合では観察期間23カ月の時点で5%と高率であった。SNB後の腋窩リンパ節単独再発に対する治療法を比較した報告はない。NSABP B—04では,腋窩再発後の二期的腋窩リンパ節郭清の予後が,初期治療で腋窩リンパ節郭清を施行した群と差を認めないことから6),SNB後の腋窩リンパ節単独再発を偽陰性による転移リンパ節の取り残しと考えるならば,追加腋窩リンパ節郭清により一期的リンパ節郭清と同等の局所制御と予後が期待できる。

 また,同側鎖骨上リンパ節単独再発の頻度は文献的に0.8~2.6%であり7)~9),多くの報告で,予後は遠隔転移を認めた患者と比較して良好であった8)。鎖骨上リンパ節単独再発に対して,全身薬物療法に加え,放射線治療や何らかの外科的切除(切除生検や頸部リンパ節郭清)を加えることにより,局所制御が良好に保てた群や完全奏効(CR)が得られた群で予後が良好であるとの報告が散見される8)~13)

 以上から,腋窩リンパ節単独再発については,完治を目指した外科的切除は考慮されるべきである。特に,今後起こり得るSNB後の腋窩リンパ節単独再発に対しては腋窩リンパ節郭清が基本と考えられる。同側鎖骨上リンパ節単独再発に対する外科的切除の意義は否定されるべきものではないが,やはり,照射および全身薬物療法が基本である。

検索式・参考にした二次資料

 PubMedにて,Breast Neoplasms,Supraclavicular,Metastasis,Recurrence,Sentinel Lymph Node Biopsy,Axillary recurrenceのキーワードを用いて検索した。その中から重要と考えられるものを引用した。

参考文献

1) Brito RA, Valero V, Buzdar AU, Booser DJ, Ames F, Strom E, et al. Long—term results of combined—modality therapy for locally advanced breast cancer with ipsilateral supraclavicular metastases:The University of Texas M. D. Anderson Cancer Center experience. J Clin Oncol. 2001;19(3):628—33.
→PubMed

2) Shen SC, Liao CH, Lo YF, Tsai HP, Kuo WL, Yu CC, et al. Favorable outcome of secondary axillary dissection in breast cancer patients with axillary nodal relapse. Ann Surg Oncol. 2012;19(4):1122—8.
→PubMed

3) van der Ploeg IM, Nieweg OE, van Rijk MC, Valdés Olmos RA, Kroon BB. Axillary recurrence after a tumour—negative sentinel node biopsy in breast cancer patients:A systematic review and meta—analysis of the literature. Eur J Surg Oncol. 2008;34(12):1277—84.
→PubMed

4) Pepels MJ, Vestjens JH, de Boer M, Smidt M, van Diest PJ, Borm GF, et al. Safety of avoiding routine use of axillary dissection in early stage breast cancer:a systematic review. Breast Cancer Res Treat. 2011;125(2):301—13.
→PubMed

5) van Wely BJ, van den Wildenberg FJ, Gobardhan P, van Dalen T, Borel Rinkes IH, Theunissen EB, et al. “Axillary recurrences after sentinel lymph node biopsy:a multicentre analysis and follow—up of sentinel lymph node negative breast cancer patients”. Eur J Surg Oncol. 2012;38(10):925—31.
→PubMed

6) Fisher B, Redmond C, Fisher ER, Bauer M, Wolmark N, Wickerham DL, et al. Ten—year results of a randomized clinical trial comparing radical mastectomy and total mastectomy with or without radiation. N Engl J Med. 1985;312(11):674—81.
→PubMed

7) van der Sangen MJ, Coebergh JW, Roumen RM, Rutten HJ, Vreugdenhil G, Voogd AC. Detection, treatment, and outcome of isolated supraclavicular recurrence in 42 patients with invasive breast carcinoma. Cancer. 2003;98(1):11—7.
→PubMed

8) Chen SC, Chang HK, Lin YC, Leung WM, Tsai CS, Cheung YC, et al. Prognosis of breast cancer after supraclavicular lymph node metastasis:not a distant metastasis. Ann Surg Oncol. 2006;13(11):1457—65.
→PubMed

9) Deo SV, Purkayastha J, Shukla NK, Raina V, Asthana S, Das DK, et al. Intent of therapy in metastatic breast cancer with isolated ipsilateral supraclavicular lymph node spread——a therapeutic dilemma. J Assoc Physicians India. 2003;51:272—5.
→PubMed

10) Pergolizzi S, Settineri N, Russi EG, Maisano R, Adamo V, Santacáterina A, et al. Supraclavicular lymph node metastases(SLM)from breast cancer as only site of distant disease:has radiotherapy any role? Anticancer Res. 1997;17(3C):2303—8.
→PubMed

11) Willner J, Kiricuta IC, Kölbl O. Locoregional recurrence of breast cancer following mastectomy:always a fatal event? Results of univariate and multivariate analysis. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 1997;37(4):853—63.
→PubMed

12) 山田哲也,森田皓三.乳癌根治術後に初発再燃した鎖骨上窩リンパ節転移に対する放射線治療の意義.日本医放会誌.1991;51(2):155—61.

13) Reddy JP, Levy L, Oh JL, Strom EA, Perkins GH, Buchholz TA, et al. Long—term outcomes in patients with isolated supraclavicular nodal recurrence after mastectomy and doxorubicin—based chemotherapy for breast cancer. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2011;80(5):1453—7.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.