日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

肺、骨、肝転移巣に対する外科的切除は勧められるか (外科療法・転移・再発乳癌の外科治療・ID20840)

CQ27 乳癌診療ガイドライン1治療編(278-280ページ)
推奨グレード C2 肺,骨,肝転移に対する外科的切除は生存の延長に寄与するエビデンスはないため,限られたケースを除き,勧められない。

推奨グレードを決めるにあたって

 肺,骨,肝転移に対する外科的切除は,症状緩和や診断を目的とした一部の症例を除いて有効性は少ないので,推奨グレードをC2とした。

背景・目的

 乳癌は原発巣から所属リンパ節を越えて広がると治癒は困難である。転移後の治療の目的は治癒から緩和へと移行し,症状のコントロール,QOLの改善,生存の延長を目標に行われる。しかし,大腸癌の肝転移のように転移巣を積極的に切除することで生存期間の延長が認められる病態も存在する。乳癌の各転移巣を切除することが生存の延長に寄与するか否かエビデンスをもとに検討した。

解 説

 乳癌の遠隔転移臓器は主に肺,骨,肝などであるが,いずれも転移を認めたとき,単発性で単一臓器であることは少なく,多発性で多臓器に病変が及ぶことが圧倒的に多い。したがって,局所治療(手術,放射線療法)のみで治癒させることは極めて困難である。一方で,薬物療法の進歩はめざましく,新規化学療法剤や分子標的治療薬の登場により再発症例の生存期間は少しずつ延長していることから,肺,骨,肝転移巣に対する外科的治療の役割はほとんどなくなってきているのが現状である。

 一方,転移乳癌症例のおよそ15~25%が肺に限局し1),肺転移単独症例に対する肺切除は長期生存をもたらす可能性がある2)。476例(International Registry of lung metastases)では5年,15年生存率はそれぞれ38,20%であった2)。また,肺転移切除症例においてR0の症例はR1,R2の症例に比較してOSが有意に長かったとの報告もある(103.4カ月vs 23.6カ月vs 20.2カ月,p<0.001)3)。これらのデータには選択バイアスがあり,非手術症例では悪い予後因子〔多発,急速増大,短いDFI(disease—free interval),低いPS(performance status)〕が関与している。手術は完全切除が基本であり,多発性転移より単発性転移,ER陽性,長期間のDFIの症例に良好である2)4)5)。また,乳癌既往のある単発性肺腫瘍の50%以上が原発性肺癌との報告もあり,この場合は治癒の可能性がある6)。肺病変の鑑別診断のためにVATS(video—assisted thoracic surgery)は有用である7)転移か原発か判断に迷う単発性肺腫瘍の場合,診断と治療を兼ねた切除は考慮され得る。

 骨転移は乳癌の転移部位としては多く,約20%の乳癌転移症例が骨のみである。放射線療法により痛みが軽減され,骨折予防効果も期待される。一般的に骨に対する手術は典型的には脊髄圧迫による神経症状を軽減する緩和的な治療として施行される。

 骨転移に対する治癒を目的とした外科的切除が可能なのは限られた部位であり,胸骨転移および原発巣からの胸骨浸潤のようなごく稀な場合である8)。乳癌からの胸骨転移症例28例に対する外科的切除の術後10年生存率は41.8%であった9)。また,骨転移の手術の重要性が低下した原因の一つとして,ビスフォスフォネート製剤や抗RANKL抗体の登場によって骨関連事象の発現が減少していることが挙げられる。また,脊椎骨転移により有症状を呈する乳癌87例の検討では,積極的な整形外科手術により痛みを軽減し,神経学的機能を保持,改善可能となった10)

 肝転移は転移乳癌症例の50%以上に関与しており,肝転移は通常,遅い時期に発症してくる。骨・軟部組織への転移より予後は悪く,癌が広範囲に広がっていることを示している。しかし,乳癌転移症例の5~12%は肝転移のみである。タキサン系薬剤を含んだ治療を行ったときの生存期間中央値は,肝転移のみの症例,肝を含む他の臓器転移症例ではそれぞれ22~27カ月,9~14カ月であった11)。選択された乳癌肝転移症例に対して施行された肝切除の5年生存率は27~61%であった12)~14)。いずれの報告にも選択バイアスがあることを考慮すべきである。手術可能と予想される症例であっても50%以上がびまん性肝転移,腹膜転移があり,ほとんどの症例は手術の適応がないことが多い。

 以上より,遠隔転移巣に対する外科的切除の意義は,症状緩和あるいは原発巣と転移巣の鑑別およびバイオロジーも含めた診断である。一方で,単一臓器の少数転移(oligometastasis)に対して切除することで生存率の延長に寄与するとする考え方もあり,注目されている。

検索式・参考にした二次資料

 PubMedにて,Breast Neoplasms/surgery,Mastectomy,Lung Neoplasms/secondry,Bone Neoplasms/secondary,Liver Neoplasms/secondaryのキーワードを用いて検索した。また,UpToDate 2014の“Metastatic breast cancer:Local treatment”の項目を活用した。

参考文献

1) Planchard D, Soria JC, Michiels S, Grunenwald D, Validire P, Caliandro R, et al. Uncertain benefit from surgery in patients with lung metastases from breast carcinoma. Cancer. 2004;100(1):28—35.
→PubMed

2) Friedel G, Pastorino U, Ginsberg RJ, Goldstraw P, Johnston M, Pass H, et al;International Registry of Lung Metastases, London, England. Results of lung metastasectomy from breast cancer:prognostic criteria on the basis of 467 cases of the International Registry of Lung Metastases. Eur J Cardiothorac Surg. 2002;22(3):335—44.
→PubMed

3) Meimarakis G, Rüttinger D, Stemmler J, Crispin A, Weidenhagen R, Angele M,et al. Prolonged overall survival after pulmonary metastasectomy in patients with breast cancer. Ann Thorac Surg. 2013;95(4):1170—80.
→PubMed

4) Welter S, Jacobs J, Krbek T, Tötsch M, Stamatis G. Pulmonary metastases of breast cancer. When is resection indicated? Eur J Cardiothorac Surg. 2008;34(6):1228—34.
→PubMed

5) Yoshimoto M, Tada K, Nishimura S, Makita M, Iwase T, Kasumi F, et al. Favourable long—term results after surgical removal of lung metastases of breast cancer. Breast Cancer Res Treat. 2008;110(3):485—91.
→PubMed

6) Casey JJ, Stempel BG, Scanlon EF, Fry WA. The solitary pulmonary nodule in the patient with breast cancer. Surgery. 1984;96(4):801—5.
→PubMed

7) Rena O, Papalia E, Ruffini E, Filosso PL, Oliaro A, Maggi G, et al. The role of surgery in the management of solitary pulmonary nodule in breast cancer patients. Eur J Surg Oncol. 2007;33(5):546—50.
→PubMed

8) Dürr HR, Müller PE, Lenz T, Baur A, Jansson V, Refior HJ. Surgical treatment of bone metastases in patients with breast cancer. Clin Orthop Relat Res. 2002;(396):191—6.
→PubMed

9) Lequaglie C, Massone PB, Giudice G, Conti B. Gold standard for sternectomies and plastic reconstructions after resections for primary or secondary sternal neoplasms. Ann Surg Oncol. 2002;9(5):472—9.
→PubMed

10) Shehadi JA, Sciubba DM, Suk I, Suki D, Maldaun MV, McCutcheon IE, et al. Surgical treatment strategies and outcome in patients with breast cancer metastatic to the spine:a review of 87 patients. Eur Spine J. 2007;16(8):1179—92.
→PubMed

11) Atalay G, Biganzoli L, Renard F, Paridaens R, Cufer T, Coleman R, et al;EORTC Breast Cancer and Early Clinical Studies Groups. Clinical outcome of breast cancer patients with liver metastases alone in the anthracycline—taxane era:a retrospective analysis of two prospective, randomised metastatic breast cancer trials. Eur J Cancer. 2003;39(17):2439—49.
→PubMed

12) Yoshimoto M, Tada T, Saito M, Takahashi K, Uchida Y, Kasumi F. Surgical treatment of hepatic metastases from breast cancer. Breast Cancer Res Treat. 2000;59(2):177—84.
→PubMed

13) Adam R, Aloia T, Krissat J, Bralet MP, Paule B, Giacchetti S, et al. Is liver resection justified for patients with hepatic metastases from breast cancer? Ann Surg. 2006;244(6):897—907;discussion 907—8.
→PubMed

14) Vlastos G, Smith DL, Singletary SE, Mirza NQ, Tuttle TM, Popat RJ, et al. Long—term survival after an aggressive surgical approach in patients with breast cancer hepatic metastases. Ann Surg Oncol. 2004;11(9):869—74.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.