日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

妊娠期乳癌に対する手術は勧められるか (外科療法・その他・ID20860)

CQ29 乳癌診療ガイドライン1治療編(284-285ページ)
推奨グレード B 妊娠期乳癌であっても,妊娠中期以降は比較的安全であることから,手術が勧められる。

背景・目的

 妊娠・授乳中の乳癌は,そのホルモン環境,豊富な血流より,予後不良とされてきた。妊娠中という特殊環境下での適切な乳癌手術の時期,手術術式の選択および安全性について検討した。

解 説

 妊娠・授乳期乳癌は45歳以下女性乳癌患者の2.6%であり1),リンパ節転移陽性乳癌が多く,腫瘍径も大きく,進行例が多いとされる1)~5)一方,リンパ節転移,腫瘍径,年齢を考慮した多変量解析では予後に差がないとする報告もあり1)2)6),病期に応じた治療法を選択すべきである。妊娠中の全身麻酔の安全性に関しては,妊娠中に手術を受けても奇形率は増加しないが,流産率は妊娠前期(first trimester,~4カ月)あるいは妊娠中期(second trimester,5~7カ月)に手術を受けた場合,相対リスクは1.54で増加するとの報告がある7)

 妊娠・授乳中の手術術式に関しては,非妊娠・非授乳期と同じに考えるべきであるが,乳房温存療法を施行する場合には,放射線の影響を考えなければならない。妊娠後期乳癌の場合には乳房温存手術を行い,産後に術後放射線療法を行えばよい。しかし,放射線療法を出産後まで待てない場合には乳房切除術も考慮する。乳房切除術の場合でも一般的に手術は安全に行える8)9)が,麻酔科医,産科医との連携が必須であり,胎児の器官形成および流産の危険性を考慮し,少なくとも妊娠中期までは待つことが望ましい。センチネルリンパ節生検(SNB)を妊娠期乳癌に行う場合,RI法,色素法のいずれもその安全性および有効性が確認されていないため注意深く行うべきである。授乳期乳癌に関しては,術前にカベルゴリン,ブロモクリプチンなどの内服によりあらかじめ乳汁分泌を止めることが勧められる。妊娠中期(5~7カ月),後期(8~10カ月)での化学療法は,長期の安全性が確立されていないものの,必要と判断される場合には検討してもよい。なお,妊娠前期でも,進行度から早期の治療開始が望ましいと考えられる場合には,胎児と母体のそれぞれの危険性と利益を考慮して,使用薬剤も含め慎重に治療方針を決定すべきである薬物CQ 29参照)。

検索式・参考にした二次資料

 PubMedにて,Breast Neoplasms,“Pregnancy Complications,Neoplastic”のキーワードを用いて検索した。また,UpToDate 2014を二次資料として参考にした。

参考文献

1) Lethaby AE, O’Neill MA, Mason BH, Holdaway IM, Harvey VJ. Overall survival from breast cancer in women pregnant or lactating at or after diagnosis. Auckland Breast Cancer Study Group. Int J Cancer. 1996;67(6):751—5.
→PubMed

2) Ishida T, Yokoe T, Kasumi F, Sakamoto G, Makita M, Tominaga T, et al. Clinicopathologic characteristics and prognosis of breast cancer patients associated with pregnancy and lactation:analysis of case—control study in Japan. Jpn J Cancer Res. 1992;83(11):1143—9.
→PubMed

3) Petrek JA, Dukoff R, Rogatko A. Prognosis of pregnancy—associated breast cancer. Cancer. 1991;67(4):869—72.
→PubMed

4) Tretli S, Kvalheim G, Thoresen S, Høst H. Survival of breast cancer patients diagnosed during pregnancy or lactation. Br J Cancer. 1988;58(3):382—4.
→PubMed

5) Bonnier P, Romain S, Dilhuydy JM, Bonichon F, Julien JP, Charpin C, et al. Influence of pregnancy on the outcome of breast cancer:a case—control study. Societe Francaise de Senologie et de Pathologie Mammaire Study Group. Int J Cancer. 1997;72(5):720—7.
→PubMed

6) von Schoultz E, Johansson H, Wilking N, Rutqvist LE. Influence of prior and subsequent pregnancy on breast cancer prognosis. J Clin Oncol. 1995;13(2):430—4.
→PubMed

7) Duncan PG, Pope WD, Cohen MM, Greer N. Fetal risk of anesthesia and surgery during pregnancy. Anesthesiology. 1986;64(6):790—4.
→PubMed

8) Mazze RI, Källén B. Reproductive outcome after anesthesia and operation during pregnancy:a registry study of 5405 cases. Am J Obstet Gynecol. 1989;161(5):1178—85.
→PubMed

9) Gianopoulos JG. Establishing the criteria for anesthesia and other precautions for surgery during pregnancy. Surg Clin North Am. 1995;75(1):33—45.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.