日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

高齢者の乳癌に対しても手術療法は勧められるか (外科療法・その他・ID20870)

CQ30 乳癌診療ガイドライン1治療編(286-287ページ)
推奨グレード A 高齢者の乳癌に対しても手術療法が強く勧められる。

背景・目的

 高齢者の乳癌はER陽性率が高く,近年閉経後乳癌に対する術前内分泌療法の治療の有効性も多く示されていることから,高齢者に対して薬物療法のみでコントロールすることの可能性を検証した。

解 説

 高齢者の定義については,過去の研究では70歳以上としているものが多くみられるが,近年80歳以上についての報告も増えてきた。70歳以上の乳癌に対してタモキシフェン単独と手術または手術+タモキシフェンとを比較した7つのランダム化比較試験によるメタアナリシスで,生存率は差がないものの,無増悪期間および局所制御率は有意に手術+タモキシフェンが勝っていた1)。手術拒否例や合併症による手術不適格症例以外では,高齢者においても手術療法が標準とされた1)。ただし,重大な併存疾患をもつ場合には,ER陽性乳癌では内分泌療法単独も治療の選択肢の1つとして考えられる。また,手術を含めた治療のほうが,乳癌死亡および全死亡が低下したとする報告や2),undertreatmentによる治療成績の低下を示唆する報告もみられる3)

 高齢者乳癌に対しても,適応があれば温存手術とセンチネルリンパ節生検が望ましい。Figueriredoらは,67歳以上の高齢者のコホート研究を実施し,若年女性と同様に31%の高齢者においては,術式選択理由として整容性(body image)が最も重要であるとしていた。術後2年の時点でのbody imageに対する満足度評価では,乳房温存手術を受けた群が良好で,一方乳房温存手術を希望したものの乳房切除を実施された症例が不良であった4)。術後照射が困難な症例や温存療法を望まない場合は乳房切除が勧められる5)

 高齢者乳癌に対して腋窩郭清を省略する2つのランダム化比較試験が報告されている。Martelliらは,65歳から80歳までの2 cm以下・臨床的腋窩リンパ節陰性乳癌238例に対して乳腺扇状部分切除に腋窩郭清を行う群と省略する群とを比較した6)。観察期間15年における遠隔再発,乳癌死亡,全生存率は有意差がなく,郭清省略群における腋窩再発は6%であった。試験は予定症例数を集めることなく終了した。同じく60歳以上の臨床的リンパ節転移陰性乳癌473例に対して腋窩郭清の有無によるQOLを評価したIBCSG 10—93でも,6年無病再発期間は両群間で有意差を認めなかった(67% vs 66%)7)

 高齢者においても乳癌手術の合併症は軽微であり,Chatzidakiらは80歳以上の乳癌患者を対象とした検討で,合併症率は37.1%であったがほとんどは創部に関連した軽微なもの(血腫・seroma・感染)であり,周術期死亡はなかった8)

 以上のことから,高齢者に対する乳癌治療においても手術療法が基本となると考えられ,薬物療法のみの治療は,合併症を有する患者や手術を拒否された場合,または臨床研究として行われるべきものと考えられる。

検索式・参考にした二次資料

 PubMedで,Breast Neoplasms/therapy,elderlyのキーワードを用いて検索した。またUpToDate 2014,Cochrane Database 2014を参考にし,これらの文献の中から必要なものを抽出した。

参考文献

1) Morgan J, Wyld L, Collins KA, Reed MW. Surgery versus primary endocrine therapy for operable primary breast cancer in elderly women(70 years plus). Cochrane Database Syst Rev 2014.
http://www.thecochranelibrary.com

2) Rao VS, Jameel JK, Mahapatra TK, McManus PL, Fox JN, Drew PJ. Surgery is associated with lower morbidity and longer survival in elderly breast cancer patients over 80. Breast J. 2007;13(4):368—73.
→PubMed

3) Schonberg MA, Marcantonio ER, Li D, Silliman RA, Ngo L, McCarthy EP. Breast cancer among the oldest old:tumor characteristics, treatment choices, and survival. J Clin Oncol. 2010;28(12):2038—45.
→PubMed

4) Figueiredo MI, Cullen J, Hwang YT, Rowland JH, Mandelblatt JS. Breast cancer treatment in older women:does getting what you want improve your long—term body image and mental health? J Clin Oncol. 2004;22(19):4002—9.
→PubMed

5) Biganzoli L, Wildiers H, Oakman C, Marotti L, Loibl S, Kunkler I, et al. Management of elderly patients with breast cancer:updated recommendations of the International Society of Geriatric Oncology(SIOG)and European Society of Breast Cancer Specialists(EUSOMA). Lancet Oncol. 2012;13(4):e148—60.
→PubMed

6) Martelli G, Boracchi P, Ardoino I, Lozza L, Bohm S, Vetrella G, et al. Axillary dissection versus no axillary dissection in older patients with T1N0 breast cancer:15—year results of a randomized controlled trial. Ann Surg. 2012;256(6):920—4.
→PubMed

7) International Breast Cancer Study Group, Rudenstam CM, Zahrieh D, Forbes JF, Crivellari D, olmberg SB, et al. Randomized trial comparing axillary clearance versus no axillary clearance in older patients with breast cancer:first results of International Breast Cancer Study Group Trial 10—93. J Clin Oncol. 2006;24(3):337—44.
→PubMed

8) Chatzidaki P, Mellos C, Briese V, Mylonas I. Perioperative complications of breast cancer surgery in elderly women(≥/80 years). Ann Surg Oncol. 2011;18(4):923—31.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.