日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

潜在性乳癌に対して、乳房非切除は勧められるか (外科療法・その他・ID20890)

CQ32 乳癌診療ガイドライン1治療編(290-291ページ)
推奨グレード C1 乳房内に原発巣がないことをMRIで確認した潜在性乳癌に対して,全乳房照射を前提に,乳房非切除を細心の注意のもと選択してもよい。

推奨グレードを決めるにあたって

 近年,乳房内の小病変に対する感度が高いMRIの出現により,乳房内に病変が存在しない潜在性乳癌を選び出すことが可能となってきたため,乳房非切除は妥当と思われるが,十分なデータと長期成績がないため,推奨グレードをC1にとどめた。

背景・目的

 腋窩リンパ節に乳癌の転移を認めるが,乳房内には原発巣が発見されないものを潜在性乳癌と呼ぶ。局所療法として腋窩リンパ節郭清が必要であるが,この際に同側乳房には,乳房切除,乳房非切除+全乳房照射,乳房非切除+非照射(経過観察)の3つの治療方針が挙げられる。乳房非切除の妥当性について,エビデンスをもとに検討した。

解 説

 潜在性乳癌の基本的な治療方針は,乳癌に準じた全身療法に加えて,乳房切除と腋窩リンパ節郭清である。乳房切除検体の詳細な病理検索により,大半の症例で原発巣が認められることがその根拠とされてきた1)。しかしこれらは2000年以前の症例で,乳房の診断方法が視触診,マンモグラフィに限られている時代の検討であった。近年,MRIの使用により,乳房内の微小病変の検出率が高まっている。マンモグラフィで病変が検出されない症例の約70%に,MRIで病変が発見され,その中で手術を行った22人のうち21人(90%)において病理学的に癌病巣が発見された。MRIで異常を認めなかった症例では,5人中1人(20%)に癌病巣が認められた2)~4)。潜在性乳癌へのMRI使用は,乳房内の微小癌巣検出に有用と思われる。

 潜在性乳癌に対して,乳房非切除+全乳房照射を行った報告では,その局所制御率は75~100%であった5)~7)。特に,MRIにより微小な原発巣の存在が除外された潜在性乳癌においては6),症例数は少ないが乳房非切除+放射線療法のみで100%の局所制御率が得られていた。

 局所療法を何も加えずに経過観察をした報告も少数例認められる。10例以上の潜在性乳癌症例を検討している4論文では,62人中24人(38.7%(21~53%))に原発巣の顕在化が生じている8)~11)。いずれも,乳房の検索にMRIが使用される以前の報告ではあるが,高い局所再発率からは,何らかの局所治療は必要であると考えられる。

 潜在性乳癌に対する局所療法の目的は,隠れている癌病巣を取り除くことである。しかし,MRIのみで指摘された病変に対する確定診断方法に画一化されたものがないこと,乳房非切除症例の長期成績に関するデータが少ないことから,潜在性乳癌に対する乳房非切除は慎重に行われるべきである。

検索式・参考にした二次資料

 PubMedにて,Breast Neoplasms,occult,mastectomyのキーワードを用いて検索した。また,UpToDate 2014の“Axillary node metastases with occult primary breast cancer”の項目を活用した。

参考文献

1) Kaklamani V, Gradishar WJ. Axillary node metastases with occult primary breast cancer:UpToDate 2014.

2) Orel SG, Weinstein SP, Schnall MD, Reynolds CA, Schuchter LM, Fraker DL, et al. Breast MR imaging in patients with axillary node metastases and unknown primary malignancy. Radiology. 1999;212(2):543—9.
→PubMed

3) de Bresser J, de Vos B, van der Ent F, Hulsewé K. Breast MRI in clinically and mammographically occult breast cancer presenting with an axillary metastasis:a systematic review. Eur J Surg Oncol. 2010;36(2):114—9.
→PubMed

4) Olson JA Jr, Morris EA, Van Zee KJ, Linehan DC, Borgen PI. Magnetic resonance imaging facilitates breast conservation for occult breast cancer. Ann Surg Oncol. 2000;7(6):411—5.
→PubMed

5) Foroudi F, Tiver KW. Occult breast carcinoma presenting as axillary metastases. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2000;47(1):143—7.
→PubMed

6) Varadarajan R, Edge SB, Yu J, Watroba N, Janarthanan BR. Prognosis of occult breast carcinoma presenting as isolated axillary nodal metastasis. Oncology. 2006;71(5—6):456—9.
→PubMed

7) Medina—Franco H, Urist MM. Occult breast carcinoma presenting with axillary lymph node metastases. Rev Invest Clin. 2002;54(3):204—8.
→PubMed

8) Ellerbroek N, Holmes F, Singletary E, Evans H, Oswald M, McNeese M. Treatment of patients with isolated axillary nodal metastases from an occult primary carcinoma consistent with breast origin. Cancer. 1990;66(7):1461—7.
→PubMed

9) Merson M, Andreola S, Galimberti V, Bufalino R, Marchini S, Veronesi U. Breast carcinoma presenting as axillary metastases without evidence of a primary tumor. Cancer. 1992;70(2):504—8.
→PubMed

10) van Ooijen B, Bontenbal M, Henzen—Logmans SC, Koper PC. Axillary nodal metastases from an occult primary consistent with breast carcinoma. Br J Surg. 1993;80(10):1299—300.
→PubMed

11) He M, Tang LC, Yu KD, Cao AY, Shen ZZ, Shao ZM, et al. Treatment outcomes and unfavorable prognostic factors in patients with occult breast cancer. Eur J Surg Oncol. 2012;38(11):1022—8.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.