日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

脂肪の食餌摂取は乳癌発症リスクを増加させるか (疫学.予防・リスク―生活習慣と環境因子・ID41150)

CQ3 乳癌診療ガイドライン2 疫学・診断編(017-019ページ)
エビデンスグレード Limited-no conclusion(証拠不十分) 総脂肪摂取の増加が乳癌発症リスクを増加させるかどうかは結論付けられない。

背景・目的

 50年以上も前に齧(げっ)歯類の動物実験で高脂肪摂取は乳腺腫瘍の発生を増加させることが示され,米国で70年代に国民統計の推計で1人当たりの脂肪消費量と乳癌の罹患率および死亡率の間に正の関連性があることが報告された。その後,データの質が問題視され,総脂肪摂取が乳癌発症リスク因子になるか否かが論争になっている。総脂肪摂取が乳癌発症リスク因子になるか否か評価した。

解 説

 2013年版では,1966年以降の乳癌関連の論文からシステマティック・レビューを行い,症例対照研究以上のエビデンスレベルで17件が選択された。このうち,11件1)~5)11)~16)(うち2件はメタアナリシス4)13))の研究報告で関連性は認められていない。一方,4件6)~9)17)(うち3件はメタアナリシス7)9)17))で関連性があり,1件10)で不確かと結論付けていた。

 2013年版以降の研究報告では,本CQの趣旨に合致する2件を選択した。1件18)は大規模コホート研究でホルモン受容体陽性の乳癌発症には関連ありとされていた(HR:1.20,95%CI:1.00—1.45;highest vs lowest quintiles)。1件19)は症例対照研究であり,関連ありとされたがオッズ比の信頼区間が広く信頼性が劣る(OR:1.66,95%CI:1.07—3.59)。

 World Cancer Research Fund(WCRF)が2007年11月に出版した報告書では,総脂肪摂取と乳癌との関連を検討したコホート研究19件,症例対照研究49件,地域相関研究10件を選択している。報告書は,これらの論文の吟味に基づき,閉経前乳癌については,「乳癌発症リスクを増加させるかどうかは証拠不十分で結論は得られていない」(limited—no conclusion)と判定している。閉経後乳癌については,コホート研究の結果は不一致である一方,症例対照研究は有意なリスク増加を示しているとして,「乳癌発症リスクを増加させる可能性がある」(limited—suggestive)と判定している(二次資料①参照)。この報告書は2010年に改訂されたが,実質的な内容変更はない(二次資料②参照)。

 以上より,論文のレビューには結果のばらつきを認めるので断定的な結論を下すのは困難であるが,近年の研究は多くが関連性なしとの結論を導いている一方で,最新の研究では関連性を示すものが散見され,2010年のWCRFの結論と異なった結論を導いた研究もある。これまでの研究報告では,結果に一貫性が認めらないため,閉経前後にかかわらず総脂肪摂取の増加が乳癌発症リスクを増加させるかどうかは結論付けられないと判断した。

検索式

 2013年版と同様にPubMed(キーワード:breast neoplasms,dietary fats,fat intake,Risk)にて2012年10月以降の論文について同じキーワードで2014年11月に検索を行い,該当12件のうちタイトルと抄録から2件を選択し原論文査読によりこの2件を採択した。

参考にした二次資料

① ‌World Cancer Research Fund/American Institute for Cancer Research. Food, Nutrition, Physical Activity, and the Prevention of Cancer:a Global Perspective. Washington DC, AICR, 2007.

② ‌World Cancer Research Fund/American Institute for Cancer Research. Food, Nutrition, Physical Activity, and the Prevention of Cancer:a Global Perspective. Washington DC, AICR, 2010.

参考文献

1) Velie E, Kulldorff M, Schairer C, Block G, Albanes D, Schatzkin A. Dietary fat, fat subtypes, and breast cancer in postmenopausal women:a prospective cohort study. J Natl Cancer Inst. 2000;92(10):833—9.
→PubMed

2) Holmes MD, Hunter DJ, Colditz GA, Stampfer MJ, Hankinson SE, Speizer FE, et al. Association of dietary intake of fat and fatty acids with risk of breast cancer. JAMA. 1999;281(10):914—20.
→PubMed

3) Franceschi S, La Vecchia C, Russo A, Negri E, Favero A, Decarli A;Low—risk diet for breast cancer in Italy. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 1997;6(11):875—9.
→PubMed

4) Hunter DJ, Spiegelman D, Adami HO, Beeson L, van den Brandt PA, Folsom AR, et al. Cohort studies of fat intake and the risk of breast cancer—a pooled analysis. N Engl J Med. 1996;334(6):356—61.
→PubMed

5) Franceschi S, Favero A, Decarli A, Negri E, La Vecchia C, Ferraroni M, et al. Intake of macronutrients and risk of breast cancer. Lancet. 1996;347(9012):1351—6.
→PubMed

6) Wakai K, Dillon DS, Ohno Y, Prihartono J, Budiningsih S, Ramli M, et al. Fat intake and breast cancer risk in an area where fat intake is low:a case—control study in Indonesia. Int J Epidemiol. 2000;29(1):20—8.
→PubMed

7) Wu AH, Pike MC, Stram DO. Meta—analysis:dietary fat intake, serum estrogen levels, and the risk of breast cancer. J Natl Cancer Inst. 1999;91(6):529—34.
→PubMed

8) Cade J, Thomas E, Vail A. Case—control study of breast cancer in south east England:nutritional factors. J Epidemiol Community Health. 1998;52(2):105—10.
→PubMed

9) Boyd NF, Martin LJ, Noffel M, Lockwood GA, Trichler DL. A meta—analysis of studies of dietary fat and breast cancer risk. Br J Cancer. 1993;68(3):627—36.
→PubMed

10) Martin—Moreno JM, Willett WC, Gorgojo L, Banegas JR, Rodriguez—Artalejo F, Fernandez—Rodriguez JC, et al. Dietary fat, olive oil intake and breast cancer risk. Int J Cancer. 1994;58(6):774—80.
→PubMed

11) Löf M, Sandin S, Lagiou P, Hilakivi—Clarke L, Trichopoulos D, Adami HO, et al. Dietary fat and breast cancer risk in the Swedish women’s lifestyle and health cohort. Br J Cancer. 2007;97(11):1570—6.
→PubMed

12) Sieri S, Krogh V, Ferrari P, Berrino F, Pala V, Thébaut AC, et al. Dietary fat and breast cancer risk in the European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition. Am J Clin Nutr. 2008;88(5):1304—12.
→PubMed

13) Alexander DD, Morimoto LM, Mink PJ, Lowe KA. Summary and meta—analysis of prospective studies of animal fat intake and breast cancer. Nutr Res Rev. 2010;23(1):169—79.
→PubMed

14) Park SY, Kolonel LN, Henderson BE, Wilkens LR. Dietary fat and breast cancer in postmenopausal women according to ethnicity and hormone receptor status:the Multiethnic Cohort Study. Cancer Prev Res(Phila). 2012;5(2):216—28.
→PubMed

15) Key TJ, Appleby PN, Cairns BJ, Luben R, Dahm CC, Akbaraly T, et al. Dietary fat and breast cancer:comparison of results from food diaries and food—frequency questionnaires in the UK Dietary Cohort Consortium. Am J Clin Nutr. 2011;94(4):1043—52.
→PubMed

16) Martin LJ, Li Q, Melnichouk O, Greenberg C, Minkin S, Hislop G, et al. A randomized trial of dietary intervention for breast cancer prevention. Cancer Res. 2011;71(1):123—33.
→PubMed

17) Turner LB. A meta—analysis of fat intake, reproduction, and breast cancer risk:an evolutionary perspective. Am J Hum Biol. 2011;23(5):601—8.
→PubMed

18) Sieri S, Chiodini P, Agnoli C, Pala V, Berrino F, Trichopoulou A, et al. Dietary fat intake and development of specific breast cancer subtypes. J Natl Cancer Inst. 2014;106(5). pii:dju068.
→PubMed

19) Kruk J, Marchlewicz M. Dietary fat and physical activity in relation to breast cancer among Polish women. Asian Pac J Cancer Prev. 2013;14(4):2495—502.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.