日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

乳製品の摂取は乳癌発症リスクを減少させるか (疫学.予防・リスク―生活習慣と環境因子・ID41160)

CQ4 乳癌診療ガイドライン2 疫学・診断編(020-022ページ)
エビデンスグレード Limited-suggestive(可能性あり) 乳製品の摂取により乳癌発症リスクは減少する可能性が示唆されている。ただし,乳製品の成分にはリスク減少が指摘されているものはあるが,脂肪含有量などの品種や組成を考慮した場合の関連性は不明である。

背景・目的

 牛乳はたんぱく質,脂質,炭水化物,ビタミン,ミネラルなど,種々の成分から構成されている。このうち,比較的豊富に含まれているビタミンD,カルシウムは近年のメタアナリシスの結果から,乳癌発症リスクの減少効果が示唆されている(二次資料)。また,成分の一つである共役リノレイン酸は動物実験モデルで乳癌の発癌抑制効果が報告されている。一方,動物性脂質は古くから乳癌発症リスクを増加させるのではないかと考えられてきた。このように,乳製品は乳癌の防御・リスク因子の可能性を秘めた成分から構成されており,乳製品と乳癌発症リスクとの関連性は注目を集めてきた。この分野では,特に乳製品の摂取量の多い北欧地域を中心に,1980年代から疫学研究が盛んに実施されている。

解 説

 過去,牛乳・乳製品と乳癌発症リスクとの関連性を報告した前向きコホート研究は19件あった1)~19)。これらの研究には,乳製品全般あるいは牛乳全般の摂取が乳癌発症リスクを増加させるという結果が得られた報告はなかった。ただし乳製品の脂肪含有量を加味した検討では,少ないながらも全乳の摂取による乳癌発症リスクの増加4,高脂肪性乳製品の摂取によるリスク増加が報告されている11逆に,乳製品の摂取と乳癌発症リスクとの検討を行った10件の研究のうち,4件で有意な乳癌発症リスクの減少を6)9)12)14),牛乳の摂取と乳癌発症リスクを検討した12の研究のうち,3件で有意な乳癌発症リスクの減少を認めている6)8)9)

 2011年,Dongらはこのうち18件の研究を対象としたメタアナリシスを報告している20)。解析の対象者数は1,063,471人で,このうち乳癌罹患者数は24,187人であった。乳製品の最小摂取群を基準とした,最大摂取群の相対リスクは0.85(95%CI:0.76—0.95)と乳製品の摂取による有意なリスク減少を認めている。牛乳の摂取に関しては,最小摂取群を基準とした,最大摂取群の相対リスクは0.91(95%CI:0.8—1.02)であった。サブグループ解析では症例数が限定されるものの,乳製品の摂取による乳癌発症リスク減少は,低脂肪乳の摂取,閉経前女性でより強い傾向が認められた。乳製品の摂取と乳癌発症リスクには有意な用量反応関係が認められたが,牛乳の摂取にはこの関連性は認められていない。また各研究の結果には,統計学的な異質性(heterogeneity),つまり有意なばらつきが認められている。

 以上より,過去の研究からは,乳製品全般の摂取は乳癌発症リスクを減少させる可能性が示唆されている。しかし,脂肪含有量の多い乳製品の摂取はリスクを高めるとする報告も認められる。乳製品の品種や組成を考慮した場合の,乳癌発症リスクとの関連性は不明である。

検索式

 検索はPubMedにて,Breast Neoplasms,Dairy Products,Milkのキーワードを用いて検索した。検索期間は2012年9月1日~2014年9月30日とした。該当文献19件の抄録から2件を選択し,原文査読により新たに1件(文献番号19)を引用した。2013年で引用した19件と合わせ,20件を解説に引用した。

参考にした二次資料

① ‌Chen P, Hu P, Xie D, Qin Y, Wang F, Wang H. Meta—analysis of vitamin D, calcium and the prevention of breast cancer. Breast Cancer Res Treat. 2010;121(2):469—77.

参考文献

1) Mills PK, Beeson WL, Phillips RL, Fraser GE. Dietary habits and breast cancer incidence among Seventh—day Adventists. Cancer. 1989;64(3):582—90.
→PubMed

2) Ursin G, Bjelke E, Heuch I, Vollset SE. Milk consumption and cancer incidence:a Norwegian prospective study. Br J Cancer. 1990;61(3):454—9.
→PubMed

3) Toniolo P, Riboli E, Shore RE, Pasternack BS. Consumption of meat, animal products, protein, and fat and risk of breast cancer:a prospective cohort study in New York. Epidemiology. 1994;5(4):391—7.
→PubMed

4) Gaard M, Tretli S, Løken EB. Dietary fat and the risk of breast cancer:a prospective study of 25,892 Norwegian women. Int J Cancer. 1995;63(1):13—7.
→PubMed

5) Byrne C, Ursin G, Ziegler RG. A comparison of food habit and food frequency data as predictors of breast cancer in the NHANES I/NHEFS cohort. J Nutr. 1996;126(11):2757—64.
→PubMed

6) Knekt P, Järvinen R, Seppänen R, Pukkala E, Aromaa A. Intake of dairy products and the risk of breast cancer. Br J Cancer. 1996;73(5):687—91.
→PubMed

7) Key TJ, Sharp GB, Appleby PN, Beral V, Goodman MT, Soda M, et al. Soya foods and breast cancer risk:a prospective study in Hiroshima and Nagasaki, Japan. Br J Cancer. 1999;81(7):1248—56.
→PubMed

8) Hjartåker A, Laake P, Lund E. Childhood and adult milk consumption and risk of premenopausal breast cancer in a cohort of 48,844 women—the Norwegian women and cancer study. Int J Cancer. 2001;93(6):888—93.
→PubMed

9) Shin MH, Holmes MD, Hankinson SE, Wu K, Colditz GA, Willett WC. Intake of dairy products, calcium, and vitamin D and risk of breast cancer. J Natl Cancer Inst. 2002;94(17):1301—11.
→PubMed

10) Voorrips LE, Brants HA, Kardinaal AF, Hiddink GJ, van den Brandt PA, Goldbohm RA. Intake of conjugated linoleic acid, fat, and other fatty acids in relation to postmenopausal breast cancer:the Netherlands Cohort Study on Diet and Cancer. Am J Clin Nutr. 2002;76(4):873—82.
→PubMed

11) Cho E, Spiegelman D, Hunter DJ, Chen WY, Stampfer MJ, Colditz GA, et al. Premenopausal fat intake and risk of breast cancer. J Natl Cancer Inst. 2003;95(14):1079—85.
→PubMed

12) McCullough ML, Rodriguez C, Diver WR, Feigelson HS, Stevens VL, Thun MJ, et al. Dairy, calcium, and vitamin D intake and postmenopausal breast cancer risk in the Cancer Prevention Study II Nutrition Cohort. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2005;14(12):2898—904.
→PubMed

13) Kesse—Guyot E, Bertrais S, Duperray B, Arnault N, Bar—Hen A, Galan P, et al. Dairy products, calcium and the risk of breast cancer:results of the French SU.VI.MAX prospective study. Ann Nutr Metab. 2007;51(2):139—45.
→PubMed

14) Lin J, Manson JE, Lee IM, Cook NR, Buring JE, Zhang SM. Intakes of calcium and vitamin D and breast cancer risk in women. Arch Intern Med. 2007;167(10):1050—9.
→PubMed

15) van der Pols JC, Bain C, Gunnell D, Smith GD, Frobisher C, Martin RM. Childhood dairy intake and adult cancer risk:65—y follow—up of the Boyd Orr cohort. Am J Clin Nutr. 2007;86(6):1722—9.
→PubMed

16) Pala V, Krogh V, Berrino F, Sieri S, Grioni S, Tjønneland A, et al. Meat, eggs, dairy products, and risk of breast cancer in the European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition(EPIC)cohort. Am J Clin Nutr. 2009;90(3):602—12.
→PubMed

17) Park Y, Leitzmann MF, Subar AF, Hollenbeck A, Schatzkin A. Dairy food, calcium, and risk of cancer in the NIH—AARP Diet and Health Study. Arch Intern Med. 2009;169(4):391—401.
→PubMed

18) Linos E, Willett WC, Cho E, Frazier L. Adolescent diet in relation to breast cancer risk among premenopausal women. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2010;19(3):689—96.
→PubMed

19) Genkinger JM, Makambi KH, Palmer JR, Rosenberg L, Adams—Campbell LL. Consumption of dairy and meat in relation to breast cancer risk in the Black Women’s Health Study. Cancer Causes Control. 2013;24(4):675—84.
→PubMed

20) Dong JY, Zhang L, He K, Qin LQ. Dairy consumption and risk of breast cancer:a meta—analysis of prospective cohort studies. Breast Cancer Res Treat. 2011;127(1):23—31.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.