日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

身体活動は乳癌患者の予後に影響するか (疫学.予防・予後との関連・ID41520)

CQ38 乳癌診療ガイドライン2 疫学・診断編(128-131ページ)
エビデンスグレード Probable(ほぼ確実) 診断後の身体活動が高い女性では,全死亡リスクが減少することはほぼ確実である。

背景・目的

 過去20年間に実施された研究の蓄積により,身体活動は閉経後乳癌の発症リスクを減少させることがほぼ確実と考えられている(疫学・予防CQ 14参照)。このため,乳癌診断後の身体活動も,乳癌の進行や増殖と関連するのではないかとの仮説が成立する。この課題を議論するうえで重要な点は,個々の研究における身体活動の評価対象時期と予後の評価である。これまでの研究報告における身体活動の評価対象時期は,乳癌の診断以前から乳癌診断以後数年まで広範囲にわたる。また,予後の評価として,乳癌特異事象(再発,増悪,乳癌死亡)のみならず,全死亡リスクや他疾患の罹患を評価することは,研究結果の解釈上重要である。

 本項では身体活動の評価時期を,臨床における有益性の観点から「診断以前ならびに診断時の身体活動」,「診断以後の身体活動」,「診断前後での身体活動の変化」に区別して解説する。

解 説

(1)乳癌診断以前ならびに診断時の身体活動と予後

 乳癌診断以前あるいは診断時の身体活動と予後との関連性を検討した前向き研究は15件あり,うち6件は症例対照研究を基盤としたコホート研究であった1)~15)。すべての研究の主要評価項目は全死亡であり,このうち13件で乳癌死亡1)2)4)~8)10)~15)を評価に加えている。すべての研究で,確立された予後因子(病期,リンパ節転移など)の影響も考慮されている。乳癌死亡を評価した13件のうち,4件で高い身体活動による有意な乳癌死亡リスクの減少が報告されている5)6)10)12)。また,全15件のうち10件で高い身体活動による有意な全死亡リスクの減少が報告されている5)~7)9)~15)

(2)乳癌診断以後の身体活動と予後

 乳癌診断以後の身体活動と予後との関連性を検討した前向き研究は10件あり11)15)~23),乳癌術後内分泌療法に関するランダム化比較試験内コホート研究が1件15),コホート研究が7件11)16)~17)20)~23),乳癌術後の食事介入に関するランダム化比較試験内コホート研究が2件であった18)19)。すべての研究で乳癌死亡との関連性が検討されており,4件で身体活動による有意な乳癌死亡リスクの減少が報告されている12)14)17)19)23)。さらに,すべての研究で診断後の身体活動による有意な全死亡リスクの減少が報告されている。

(3)診断前後での身体活動の変化と予後

 診断前後での身体活動の変化に着目した研究報告は2件あった11)12)。米国で実施されたThe Health,Eating,Activity,and Lifestyle(HEAL)Studyでは,診断前後を通じて身体活動の低い女性を基準とし,乳癌の診断後に身体活動の低下した女性では,調整ハザード比3.95(95%CI:1.45—10.5)と有意な全死亡リスクの増加が認められている11)。同じく,米国で実施された閉経後乳癌患者を対象として実施されたWomen’s Health Initiative(WHI)コホート研究では,たとえ診断前の身体活動が低くても,診断後に9 METs—hour/week以上に身体活動を維持できた女性では,有意な全死亡リスクの低下が認められている(ハザード比:0.67,95%CI:0.46—0.96)12)

 2014年,Zongらは前述した研究のうち16件を対象としたメタアナリシスを報告している24)。身体活動と予後の関連性に関する研究を対象としたメタアナリシスの結果,診断前の身体活動の低い女性に対する,身体活動が中等度から高度の女性の乳癌死亡に関する相対リスク(95%CI)は0.82(0.74—0.91),全死亡リスクは0.79(0.73—0.85)であり,診断後の身体活動に関しては,乳癌死亡に関する相対リスク(95%CI)は0.71(0.58—0.87),全死亡リスクは0.57(0.45—0.72)と診断前と後のいずれにおいても,身体活動による有意な乳癌死亡および全死亡リスクの低下を認めている。Body mass index,閉経状態による層別解析の結果,身体活動によるベネフィットは肥満や閉経状態にかかわらず認められたが,肥満女性,ならびに閉経後女性でより大きかった24)。用量反応解析では,乳癌診断後の週あたりの身体活動が0~5 METsの範囲でより強い関連性が認められ,1 METs/week増加する毎に乳癌死亡リスクは6%ずつ低下する。

 以上,過去のコホート研究からは身体活動が乳癌の予後を改善する一定の傾向が認められ,特に診断後の身体活動による全死亡リスク減少は一貫して示されており,診断後の身体活動が高い女性では,全死亡リスクが減少することはほぼ確実と結論付けた。

 World Cancer Research Fund(WCRF)とAmerican Institute for Cancer Research(AICR)のContinuous Expert Update ProjectによるDiet,Nutrition,Physical Activity,and Breast Cancer Survivors 2014でも,系統的レビューとメタアナリシスの結果,乳癌診断前の身体活動は,全死亡リスクならびに乳癌死亡リスクを減少させる可能性があり,また乳癌診断から1年以後の身体活動は全死亡リスクを減少させる可能性があると結論付けている(二次資料①)。身体活動が乳癌患者の予後に及ぼす影響に関しては,今後ランダム化比較試験等により,より高い科学的根拠が示される必要がある。

検索式

 検索はPubMedにて,Breast Neoplasms,breast cancer,Motor Activity,Exercise,Sports,physical activity,athletics,Prognosis,Recurrence,“Neoplasm Recurrence,Local”,Risk,Mortality,Survivalのキーワードを用いて行った。検索期間は2012年9月1日~2014年9月30日とした。該当文献75件よりタイトルと抄録で4件抽出し原論文査読を行い,この4件(メタアナリシス1件,コホート研究3件)を採用した。さらにメタアナリシスを参考に,ハンドサーチにて1件のコホート研究を同定し,2015年版では新たに5件(2013年版と合わせ24件)を本文の解説に引用した。

参考にした二次資料

① ‌World Cancer Research Fund/American Institute for Cancer Research. Food, Nutrition, Physical Activity, and the Prevention of Breast Cancer. Continuous Update Project. Diet, Nutrition, Physical Activity, and Breast Cancer Survivors. 2014.

参考文献

1) Rohan TE, Fu W, Hiller JE. Physical activity and survival from breast cancer. Eur J Cancer Prev. 1995;4(5):419‒24.
→PubMed

2) Enger SM, Bernstein L. Exercise activity, body size and premenopausal breast cancer survival. Br J Cancer. 2004;90(11):2138‒41.
→PubMed

3) Abrahamson PE, Gammon MD, Lund MJ, Britton JA, Marshall SW, Flagg EW, et al. Recreational physical activity and survival among young women with breast cancer. Cancer. 2006;107(8):1777‒85.
→PubMed

4) Dal Maso L, Zucchetto A, Talamini R, Serraino D, Stocco CF, Vercelli M, et al;Prospective Analysis of Case‒control studies on Environmental factors and health(PACE)study group. Effect of obesity and other lifestyle factors on mortality in women with breast cancer. Int J Cancer. 2008;123(9):2188‒94.
→PubMed

5) Friedenreich CM, Gregory J, Kopciuk KA, Mackey JR, Courneya KS. Prospective cohort study of lifetime physical activity and breast cancer survival. Int J Cancer. 2009;124(8):1954‒62.
→PubMed

6) West‒Wright CN, Henderson KD, Sullivan‒Halley J, Ursin G, Deapen D, Neuhausen S, et al. Long‒term and recent recreational physical activity and survival after breast cancer:the California Teachers Study. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2009;18(11):2851‒9.
→PubMed

7) Emaus A, Veierød MB, Tretli S, Finstad SE, Selmer R, Furberg AS, et al. Metabolic profile, physical activity, and mortality in breast cancer patients. Breast Cancer Res Treat. 2010;121(3):651‒60.
→PubMed

8) Hellmann SS, Thygesen LC, Tolstrup JS, Grønbaek M. Modifiable risk factors and survival in women diagnosed with primary breast cancer:results from a prospective cohort study. Eur J Cancer Prev. 2010;19(5):366‒73.
→PubMed

9) Keegan TH, Milne RL, Andrulis IL, Chang ET, Sangaramoorthy M, Phillips KA, et al. Past recreational physical activity, body size, and all‒cause mortality following breast cancer diagnosis:results from the Breast Cancer Family Registry. Breast Cancer Res Treat. 2010;123(2):531‒42.
→PubMed

10) Cleveland RJ, Eng SM, Stevens J, Bradshaw PT, Teitelbaum SL, Neugut AI, et al. Influence of prediagnostic recreational physical activity on survival from breast cancer. Eur J Cancer Prev. 2012;21(1):46‒54.
→PubMed

11) Irwin ML, Smith AW, McTiernan A, Ballard‒Barbash R, Cronin K, Gilliland FD, et al. Influence of pre‒ and postdiagnosis physical activity on mortality in breast cancer survivors:the health, eating, activity, and lifestyle study. J Clin Oncol. 2008;26(24):3958‒64.
→PubMed

12) Irwin ML, McTiernan A, Manson JE, Thomson CA, Sternfeld B, Stefanick ML, et al. Physical activity and survival in postmenopausal women with breast cancer:results from the women’s health initiative. Cancer Prev Res(Phila). 2011;4(4):522‒9.
→PubMed

13) Schmidt ME, Chang‒Claude J, Vrieling A, Seibold P, Heinz J, Obi N, et al. Association of pre‒diagnosis physical activity with recurrence and mortality among women with breast cancer. Int J Cancer. 2013;133(6):1431‒40.
→PubMed

14) Tao MH, Hainaut P, Marian C, Nie J, Ambrosone C, Edge SB, et al. Association of prediagnostic physical activity with survival following breast cancer diagnosis:influence of TP53 mutation status. Cancer Causes Control. 2013;24(12):2177‒86.
→PubMed

15) de Glas NA, Fontein DB, Bastiaannet E, Pijpe A, De Craen AJ, Liefers GJ, et al. Physical activity and survival of postmenopausal, hormone receptor‒positive breast cancer patients:results of the Tamoxifen Exemestane Adjuvant Multicenter Lifestyle study. Cancer. 2014;120(18):2847‒54.
→PubMed

16) Borugian MJ, Sheps SB, Kim‒Sing C, Van Patten C, Potter JD, Dunn B, et al. Insulin, macronutrient intake, and physical activity:are potential indicators of insulin resistance associated with mortality from breast cancer? Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2004;13(7):1163‒72.
→PubMed

17) Holmes MD, Chen WY, Hankinson SE, Willett WC. Physical activity’s impact on the association of fat and fiber intake with survival after breast cancer. Am J Epidemiol. 2009;170(10):1250‒6.
→PubMed

18) Pierce JP, Stefanick ML, Flatt SW, Natarajan L, Sternfeld B, Madlensky L, et al. Greater survival after breast cancer in physically active women with high vegetable‒fruit intake regardless of obesity. J Clin Oncol. 2007;25(17):2345‒51.
→PubMed

19) Bertram LA, Stefanick ML, Saquib N, Natarajan L, Patterson RE, Bardwell W, et al. Physical activity, additional breast cancer events, and mortality among early‒stage breast cancer survivors:findings from the WHEL Study. Cancer Causes Control. 2011;22(3):427‒35.
→PubMed

20) Holick CN, Newcomb PA, Trentham‒Dietz A, Titus‒Ernstoff L, Bersch AJ, Stampfer MJ, et al. Physical activity and survival after diagnosis of invasive breast cancer. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2008;17(2):379‒86.
→PubMed

21) Sternfeld B, Weltzien E, Quesenberry CP Jr, Castillo AL, Kwan M, Slattery ML, et al. Physical activity and risk of recurrence and mortality in breast cancer survivors:findings from the LACE study. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2009;18(1):87‒95.
→PubMed

22) Chen X, Lu W, Zheng W, Gu K, Matthews CE, Chen Z, et al. Exercise after diagnosis of breast cancer in association with survival. Cancer Prev Res(Phila). 2011;4(9):1409‒18.
→PubMed

23) Beasley JM, Kwan ML, Chen WY, Weltzien EK, Kroenke CH, Lu W, et al. Meeting the physical activity guidelines and survival after breast cancer:findings from the after breast cancer pooling project. Breast Cancer Res Treat. 2012;131(2):637‒43.
→PubMed

24) Zhong S, Jiang T, Ma T, Zhang X, Tang J, Chen W, et al. Association between physical activity and mortality in breast cancer:a meta‒analysis of cohort studies. Eur J Epidemiol. 2014;29(6):391-404.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.