日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

喫煙は乳癌患者の予後と関連するか (疫学.予防・予後との関連・ID41540)

CQ40 乳癌診療ガイドライン2 疫学・診断編(134-135ページ)
エビデンスグレード Limited-suggestive(可能性あり) 喫煙により乳癌患者の死亡リスク(全死亡および乳癌死亡)が増加する可能性がある。

背景・目的

 喫煙が予後に与える悪影響のメカニズムとして,腫瘍の進展を促進する,免疫力を低下させる,別の原発癌のリスクを高める,喫煙が関連した腫瘍は悪性度が高いなどが想定されおり,これまでに乳癌患者を対象とした研究が行われている。

解 説

 PubMedを用いた文献検索により,2014年9月までに出版されたコホート研究13件を選択した1)~13)

 このうち乳癌診断後に喫煙状況を評価し,その後の予後との関連を検討した研究は3件のみであった1)~3)。Holmesらの診断後において評価した喫煙状況による解析では,非喫煙者に対する現在喫煙者の相対リスク(95%CI)は,全死亡が1.48(1.27—1.74),乳癌死亡が1.02(0.83—1.24),乳癌再発が1.07(0.88—1.29)であった1)。この研究において診断後の情報を用いた解析は二次的な解析と位置付けられていたが,診断前の情報を用いた主解析でも同様の結果であり,喫煙は全死亡リスクとは関連するが,乳癌死亡および再発リスクとは関連しないことを報告している。Saquibらは,診断後4年以内の乳癌患者を対象に喫煙状況を調査し,乳癌死亡および全死亡リスクとの関連を検討した2)。その結果,非喫煙者に対して過去喫煙者および現在喫煙者における乳癌死亡および全死亡リスクの増加は認められなかった。しかし,喫煙本数が15本以上の者,喫煙期間が30年以上のもの,pack—years〔(1日の喫煙本数×喫煙年数)/20〕が20以上のものでは,乳癌死亡および全死亡リスクの有意な増加がみられ,生涯における曝露量が重要であることを示唆する結果であった。最近では,米国における3つのコホート研究のプール解析(対象者9,755人)により,乳癌診断後平均2年の時点で評価した喫煙状況と予後の関連の検討が行われた3)。その結果,非喫煙者に対する現在喫煙者の相対リスク(95%CI)は,全死亡が2.17(1.85—2.54),乳癌死亡が1.61(1.28—2.03),乳癌再発が1.41(1.16—1.71)であった。また過去喫煙者については,pack—yearsが20未満では,いずれのアウトカムとも関連が認められなかったが,全死亡と乳癌再発リスクの有意な増加は20以上の群で,乳癌死亡リスクの有意な増加は35以上の群で認められた。

 残りの10件は,喫煙状況の評価時期が診断前,診断後,不明のいずれかであるが,このうち再発リスクとの関連を検討した研究は1件あった4)。この研究では,喫煙と全死亡,乳癌死亡,および再発リスクとの間に有意な関連はみられなかった。

 乳癌死亡リスクとの関連を検討した研究は11件中9件あり,うち5件で喫煙者において有意なリスク増加を報告している6)8)11)~13)。また,全死亡リスクとの関連を検討した研究は11件中9件あり,うち6件で喫煙者における有意なリスク増加を報告している1)5)6)9)12)13)

 以上より,必ずしも研究数は多くないが,死亡リスク(全死亡および乳癌死亡)との関連を検討した研究のうち,複数の研究においてリスク増加がみられたことから,喫煙により乳癌患者の死亡リスクが増加する可能性があると判断した。

検索式

 検索はPubMedにて,Breast Neoplasms,breast cancer,Tobacco Smoke Pollution,Smoking,passive smoking,secondhand smoke,second hand smoke,secondhand smoking,second hand smoking,Prognosis,Recurrence,“Neoplasm Recurrence,Local”をキーワードに用いて行った。検索期間は2012年9月~2014年9月とした。

参考文献

1) Holmes MD, Murin S, Chen WY, Kroenke CH, Spiegelman D, Colditz GA. Smoking and survival after breast cancer diagnosis. Int J Cancer. 2007;120(12):2672‒7.
→PubMed

2) Saquib N, Stefanick ML, Natarajan L, Pierce JP. Mortality risk in former smokers with breast cancer:pack-years vs. smoking status. Int J Cancer. 2013;133(10):2493-7.
→PubMed

3) Pierce JP, Patterson RE, Senger CM, Flatt SW, Caan BJ, Natarajan L, et al. Lifetime cigarette smoking and breast cancer prognosis in the After Breast Cancer Pooling Project. J Natl Cancer Inst. 2014;106(1):djt359.
→PubMed

4) Fentiman IS, Allen DS, Hamed H. Smoking and prognosis in women with breast cancer. Int J Clin Pract. 2005;59(9):1051-4.
→PubMed

5) Hellmann SS, Thygesen LC, Tolstrup JS, Grønbaek M. Modifiable risk factors and survival in women diagnosed with primary breast cancer:results from a prospective cohort study. Eur J Cancer Prev. 2010;19(5):366-73.
→PubMed

6) Dal Maso L, Zucchetto A, Talamini R, Serraino D, Stocco CF, Vercelli M, et al;Prospective Analysis of Case-control studies on Environmental factors and health(PACE)study group. Effect of obesity and other lifestyle factors on mortality in women with breast cancer. Int J Cancer. 2008;123(9):2188-94.
→PubMed

7) Sagiv SK, Gaudet MM, Eng SM, Abrahamson PE, Shantakumar S, Teitelbaum SL, et al. Active and passive cigarette smoke and breast cancer survival. Ann Epidemiol. 2007;17(5):385-93.
→PubMed

8) Manjer J, Andersson I, Berglund G, Bondesson L, Garne JP, Janzon L, et al. Survival of women with breast cancer in relation to smoking. Eur J Surg. 2000;166(11):852-8.
→PubMed

9) Yu GP, Ostroff JS, Zhang ZF, Tang J, Schantz SP. Smoking history and cancer patient survival:a hospital cancer registry study. Cancer Detect Prev. 1997;21(6):497-509.
→PubMed

10) Ewertz M, Gillanders S, Meyer L, Zedeler K. Survival of breast cancer patients in relation to factors which affect the risk of developing breast cancer. Int J Cancer. 1991;49(4):526-30.
→PubMed

11) Tominaga K, Andow J, Koyama Y, Numao S, Kurokawa E, Ojima M, et al. Family environment, hobbies and habits as psychosocial predictors of survival for surgically treated patients with breast cancer. Jpn J Clin Oncol. 1998;28(1):36-41.
→PubMed

12) Braithwaite D, Izano M, Moore DH, Kwan ML, Tammemagi MC, Hiatt RA, et al. Smoking and survival after breast cancer diagnosis:a prospective observational study and systematic review. Breast Cancer Res Treat. 2012;136(2):521-33.
→PubMed

13) Warren GW, Kasza KA, Reid ME, Cummings KM, Marshall JR. Smoking at diagnosis and survival in cancer patients. Int J Cancer. 2013;132(2):401-10.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.