日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

検診・画像診断 【目次】

乳癌診療ガイドライン「検診・画像診断」の目次です。 (各グレードの詳細は「こちら」をご覧ください)

グレード表示   推奨グレード エビデンスグレード
1 A Convincing(確実)
2 B Probable(ほぼ確実)
3 C1 Limited-suggestive(可能性あり)
4 C2 Limited-no conclusion(証拠不十分)
5 D Substantial effect on risk unlikely(大きな関連なし)

【 検診・画像診断 】

      閲覧 総論1:日本の検診マンモグラフィの被曝について推奨    ●閲覧1視触診単独による乳癌検診は勧められるか推奨  ●  閲覧1若年者に対する診療マンモグラフィは勧められるか推奨 ●   閲覧2診療において超音波検査は乳癌検出手段として勧められるか推奨 ●  ●閲覧6CT、MRIは乳房内病変の診療方針決定に勧められるか推奨 ● ● 閲覧9術前検査として肝臓超音波検査、胸腹部CT、骨シンチグラフィ、FDG-PETは勧められるか推奨 ● ● 閲覧10腋窩リンパ節の評価に画像診断は勧められるか推奨 ●   閲覧11術前化学療法の効果判定において画像診断は視触診に比較して有用か推奨 ●   閲覧12FDG-PETは、少なくとも何らかの再発が疑われる患者の乳癌術後の再発および転移の検出に勧められるか

グレード リンク CQ 項目
  1 2 3 4 5     総論
            閲覧   総論2:マンモグラフィガイドラインとBI—RADSのカテゴリー分類について
            閲覧   総論3:初期治療後フォローアップ
  1 2 3 4 5     検診
推奨         閲覧 2 50歳以上または40歳代に対してマンモグラフィ検診は勧められるか
推奨         閲覧 3 乳癌検診においてデジタルマンモグラフィはスクリーンフィルムマンモグラフィと同等に勧められるか
推奨         閲覧 4 トモシンセシスはマンモグラフィ検診に勧められるか
推奨         閲覧 5 マンモグラフィを併用した超音波による乳癌検診は勧められるか
推奨         閲覧 6 拡散強調画像を含めた非造影MRIによる乳癌検診は勧められるか
推奨         閲覧 7 FDG-PETは乳癌検診に勧められるか
  1 2 3 4 5     画像診断―マンモグラフィ
  1 2 3 4 5     画像診断―超音波
推奨       閲覧 3 乳房腫瘤性および非腫瘤性病変における良悪性の鑑別に超音波検査は勧められるか
推奨         閲覧 4 超音波検査におけるフローイメージングは腫瘤の良悪性の鑑別に勧められるか
推奨         閲覧 5 超音波検査におけるエラストグラフィは腫瘤の良悪性の鑑別に勧められるか
  1 2 3 4 5     画像診断―CT・MRI
推奨       閲覧 7 CT、MRIは乳癌の広がりを診断するのに勧められるか
推奨         閲覧 8 MRIはマンモグラフィや超音波で検出できない多発乳癌の検出に勧められるか
  1 2 3 4 5     画像診断―術前ステージング
  1 2 3 4 5     画像診断―腋窩リンパ節
  1 2 3 4 5     画像診断―術前化学療法
  1 2 3 4 5     画像診断―遠隔転移
推奨       閲覧 13 遠隔再発時の生検は勧められるか
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.