日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

マンモグラフィを併用した超音波による乳癌検診は勧められるか (検診.画像診断・検診・ID51670)

CQ5 乳癌診療ガイドライン2 疫学・診断編(177-178ページ)
推奨グレード C1 超音波による乳癌検診を勧められる十分な根拠は現時点ではまだない。

背景・目的

 乳癌検診において,マンモグラフィは死亡率低減効果が確認された有効な検診法であるが,高濃度乳房や若年者に対する有効性は相対的に低いといわざるを得ない。高濃度乳房への対策の一つとして,乳癌検診に超音波を用いる方法が試みられている。超音波検診の有効性に関して文献的考察を行った。

解 説

 現在のところ超音波を単独,またはマンモグラフィを併用した乳癌検診の有効性(=死亡率低減効果)を報告したランダム化比較試験はない。乳癌検診を論じたレビューでも超音波単独検診を勧めるものは存在しない1)2)。その理由として,データ不足の他に精度管理が難しいこと,マンモグラフィと比較して偽陽性,偽陰性,生検率が高いことなどが挙げられる。ただし,高濃度乳腺が多いアジア人女性において超音波検査を追加することはマンモグラフィ単独より乳癌の検出率が高いことが報告されており3),検診としてマンモグラフィに超音波を併用することは,いずれの研究でも癌発見率の向上に関して肯定的である4)~7)。メタアナリシスでは脂肪性以外で所見のないマンモグラフィに対して超音波を併用したところ,浸潤性乳癌発見率が0.32%,平均腫瘍径は9.9 mm,90%がリンパ節転移陰性との結果が報告されているが,研究によって対象が不均一であること,追跡が十分でないこと,生検率がマンモグラフィの3倍と高いことを指摘している4)

 高リスク女性を対象として超音波検診の診断能力の検証と,診断技術の標準化を主な目的とした多施設共同試験(ACRIN6666)が施行された。マンモグラフィに超音波検査を加えることにより検出された乳癌の増加分は1,000例に対して95%CI:2.1—5.8と算出された。検出された乳癌110例のうち32例は超音波のみで検出された。このように検出乳癌が増加し,精度管理された方法であることは注目に値する8)しかし偽陽性の増加,特異度の低下,高リスク女性に限定されたトライアルであること,参加者数が少ないこと(2,809例),システムがかなりわが国と異なることなどから,超音波検査を対策型検診に導入する根拠としてこの結果のみでは不十分である。

 わが国において乳癌罹患の中心は40歳代であり,この年代は乳腺密度が高いためにマンモグラフィでの癌発見率が十分とはいえない。この年代の乳癌検診に超音波を導入した場合の有効性を評価する「乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験」(J—START)が進行中である9)。J—STARTは40歳代女性を対象とし,マンモグラフィに超音波を併用する群と併用しない群との間で精度と有効性を検証するランダム化比較試験である。目標受診者数は各群5万人であり,2回目検診受診の結果まで追跡を行う。マンモグラフィ,超音波ともにそれぞれの実施ガイドラインを準拠することが決められており,検診を行ううえでの機器の精度管理や,超音波施行者の教育・研修プログラムの検証10),診断基準などを総合的に評価するものである。

 乳癌検診に求められる条件は,癌を早期発見できる十分な感度と精査の必要のない所見を除外できる特異度が保証され,経済的であり,受診者に対して安全であり,有効性が証明されていることである。現在,超音波検査は有効性の根拠が不十分で,対策型検診として推奨されない。高濃度乳房や若年者に対するマンモグラフィ検診の補助手段として有用であり任意型検診としての活用が期待されるが,高い要精検率等の不利益に関して受診者への説明が必要である。また,マンモグラフィと超音波の結果を別々に判定して要精密検査を決めると特異度は低下するが,両者の所見を総合的に判定することで特異度の上昇が期待できる。このようなことから,併用検診の不利益を低減させるためにはマンモグラフィと超音波の総合判定基準の導入が期待される。

検索式・参考にした二次資料

 2013年版での検索結果に加え,PubMedにて,ultrasound,ultrasonography,breast cancer detection,sensitivity and specificity,breast diseases/diagnosisのキーワードを用いて検索した。検索期間は2013年以降とした。

参考文献

1) Teh W, Wilson AR. The role of ultrasound in breast cancer screening. A consensus statement by the European Group for Breast Cancer Screening. Eur J Cancer. 1998;34(4):449—50.
→PubMed

2) Gartlehner G, Thaler K, Chapman A, Kaminski—Hartenthaler A, Berzaczy D, Van Noord MG, et al. Mammography in combination with breast ultrasonography versus mammography for breast cancer screening in women at average risk. Cochrane Database Syst Rev. 2013;4:CD009632.
→PubMed

3) Leong LC, Gogna A, Pant R, Ng FC, Sim LS. Supplementary breast ultrasound screening in Asian women with negative but dense mammograms—a pilot study. Ann Acad Med Singapore. 2012;41(10):432—9.
→PubMed

4) Nothacker M, Duda V, Hahn M, Warm M, Degenhardt F, Madjar H, Weinbrenner S, Albert US. Early detection of breast cancer:benefits and risks of supplemental breast ultrasound in asymptomatic women with mammographically dense breast tissue. A systematic review. BMC Cancer. 2009;9:335.
→PubMed

5) Weigert J, Steenbergen S. The connecticut experiment:the role of ultrasound in the screening of women with dense breasts. Breast J. 2012;18(6):517—22.
→PubMed

6) Honjo S, Ando J, Tsukioka T, Morikubo H, Ichimura M, Sunagawa M, et al. Relative and combined performance of mammography and ultrasonography for breast cancer screening in the general population:a pilot study in Tochigi Prefecture, Japan. Jpn J Clin Oncol. 2007;37(9):715—20.
→PubMed

7) Uchida K, Yamashita A, Kawase K, Kamiya K. Screening ultrasonography revealed 15% of mammographically occult breast cancers. Breast Cancer. 2008;5(2):165—8.
→PubMed

8) Berg WA, Zhang Z, Lehrer D, Jong RA, Pisano ED, Barr RG, et al;ACRIN 6666 Investigators. Detection of breast cancer with addition of annual screening ultrasound or a single screening MRI to mammography in women with elevated breast cancer risk. JAMA. 2012;307(13):1394—404.
→PubMed

9) Ohuchi N, Ishida T, Kawai M, Narikawa Y, Yamamoto S, Sobue T. Randomized controlled trial on effectiveness of ultrasonography screening for breast cancer in women aged 40—49(J—START):research design. Jpn J Clin Oncol. 2011;41(2):275—7.
→PubMed

10) Tohno E, Takahashi H, Tamada T, Fujimoto Y, Yasuda H, Ohuchi N. Educational program and testing using images for the standardization of breast cancer screening by ultrasonography. Breast Cancer. 2012;19(2):138—46.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.