日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

FDG-PETは乳癌検診に勧められるか (検診.画像診断・検診・ID51690)

CQ7 乳癌診療ガイドライン2 疫学・診断編(181-182ページ)
推奨グレード D FDG—PETは乳癌検診に勧められない。

背景・目的

 Fluorine—18 fluorodeoxy—glucose(FDG)を用いたPET検査(FDG—PET)はさまざまな悪性腫瘍の検出に優れ,その有用性が報告されている。FDG—PETは侵襲性が低く,1回の検査で全身の悪性腫瘍の検索ができるため,FDG—PETを用いた癌検診が検診センター等で行われるように なってきている。乳癌はFDG—PETで検出可能な悪性腫瘍の一つであり,FDG—PETを用いた乳癌のスクリーニングが有用かどうかを検証した。

解 説

 これまで乳癌のみを対象としてFDG—PETをスクリーニングに用いた報告はないが,全身の悪性腫瘍の検出を目的としてFDG—PETによる癌検診が行われている。その中での乳癌発見率は0.18~0.23%である1)~3)。これは日本におけるマンモグラフィと視触診を併用した乳癌検診における検出率0.31%4)よりも低い。また,マンモグラフィと触診を併用した乳癌検診では早期乳癌率が73%であるのに対し,FDG—PETでは20%(5分の1)である2)。理学的所見,マンモグラフィまたは超音波検査で乳房に何らかの異常が疑われた患者に,引き続き行われたFDG—PETの乳癌に関する感度と特異度は64~100%と71~100%とばらつきが大きく5)~8),1 cm未満の腫瘍,組織学的に分化度の高い腫瘍(管状癌,非浸潤性乳管癌),代謝活性の低い小葉癌の検出能は低く,炎症,線維腺腫,管状腺腫,および異型組織では偽陽性となった6)~8)

 現在までFDG—PETを用いたスクリーニングによる乳癌の死亡率低減効果の有無を判断する証拠はない。また,FDG—PETによるスクリーニングは現行のマンモグラフィと視触診を併用した乳癌検診より乳癌検出率は低い。さらにFDG—PETは検査費用が高く,全身への被曝という不利益もある。したがって,FDG—PETは乳癌のスクリーニングとして有用ではない568

検索式・参考にした二次資料

 2013年版での検索結果に加え,PubMedにて,FDG—PET,breast cancer,screeningのキーワードを用いて検索した。検索期間は2013年~2014年とした。

参考文献

1) Minamimoto R, Senda M, Uno K, Jinnouchi S, Iinuma T, Ito K, et al. Performance profile of FDG‒PET and PET/CT for cancer screening on the basis of a Japanese Nationwide Survey. Ann Nucl Med. 2007;21(9):481—98.
→PubMed

2) Kojima S, Zhou B, Teramukai S, Hara A, Kosaka N, Matsuo Y, et al. Cancer screening of healthy volunteers using whole—body 18F—FDG—PET scans:The Nishidai clinic study. Eur J Cancer. 2007;43(12):1842‒8.
→PubMed

3) Terauchi T, Murano T, Daisaki H, Kanou D, Shoda H, Kakinuma R, et al. Evaluation of whole‒body cancer screening using 18F‒2‒deoxy‒2‒fluoro‒D‒glucose positron emission tomography:a preliminary report. Ann Nucl Med. 2008;22(5):379‒85.
→PubMed

4) Ohuchi N, Yoshida K, Kimura M, Ouchi A, Kamioki S, Shiiba K, et al. Improved detection rate of early breast cancer in mass screening combined with mammography. Jpn J Cancer Res. 1993;84(7):807‒12.
→PubMed

5) Bénard F, Turcotte E. Imaging in breast cancer:Single‒photon computed tomography and positron‒emission tomography. Breast Cancer Res. 2005;7(4):153‒62.
→PubMed

6) Eubank WB, Mankoff DA. Evolving role of positron emission tomography in breast cancer imaging. Semin Nucl Med. 2005;35(2):84‒99.
→PubMed

7) Rohren EM, Turkington TG, Coleman RE. Clinical applications of PET in oncology. Radiology. 2004;231(2):305‒32.
→PubMed

8) Avril N, Rosé CA, Schelling M, Dose J, Kuhn W, Bense S, Weber W, Ziegler S, Graeff H, Schwaiger M. Breast imaging with positron emission tomography and fluorine‒18 fluorodeoxyglucose:use and limitations. J Clin Oncol. 2000;18(20):3495‒502.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.