日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

診療において超音波検査は乳癌検出手段として勧められるか (検診.画像診断・画像診断―超音波・ID51710)

CQ2 乳癌診療ガイドライン2 疫学・診断編(186-188ページ)
推奨グレード B マンモグラフィ,触診で異常を検出できない患者に対して,超音波検査は勧められる。

背景・目的

 乳癌診療のうえで,基本となる診断手段が視触診,マンモグラフィ,超音波検査であることは臨床家の共通認識と考えられる。欧米においてはマンモグラフィの歴史が長く,超音波診断は比較的軽視されていたが,近年の超音波診断装置,診断技術の向上に伴い認識が新たにされている。乳癌の診療およびスクリーニングにおける超音波検査の位置付けを考えるにあたり,乳癌検出手段としての超音波検査の有用性について,他の手法との比較を行った。

解 説

 超音波検査は視触診やマンモグラフィで検出できない乳癌も検出可能であり,特にマンモグラフィで高濃度乳房とされる症例で,超音波検査でのみ検出可能な乳癌が多いことが示されている1)~5)。その検出率は,超音波検査をどのような形で行ったかという対象患者の選択により異なるが,4つの報告3)~6)の総計では37,085検査数に対し超音波のみで検出された乳癌は127(0.34%)であった。触診,マンモグラフィですでに乳癌と診断された症例を対象とした検討では,超音波検査を加えることで,新たな病変が4.8%の症例に検出され,これらはその後の治療法の変更にも寄与したと報告された6)。乳房濃度の上昇に伴ってマンモグラフィによる乳癌の検出率は低下することが知られており5)7)乳癌発症リスクは上昇する8)。マンモグラフィでの高濃度乳房に対象を絞って,超音波検査を追加すると乳癌検出率に17%の増加を得たとする報告もあり2),Kolbらの報告では超音波によるスクリーニングは50歳未満の乳腺密度の高い群で有用であろうとしている5)。一方,触診との比較においては,視触診,マンモグラフィ,超音波の3つを組み合わせて行った場合と,視触診とマンモグラフィの組み合わせとの比較で,感度,特異度とともに陽性反応適中度,陰性反応適中度とも超音波を行ったほうが高かったと報告されている9)非触知乳癌に関する報告では,超音波でのみ検出される乳癌が22%を占めるというものや5,マンモグラフィに超音波を追加することで非触知乳癌の検出率が69%から88%に上昇したという報告がある10

 検出装置間の比較で,スクリーンフィルムマンモグラフィ(SFM,通常のフィルムによるマンモグラフィ読影)で異常なしと判定された乳癌高リスク群にデジタルマンモグラフィ(DM),Bモードとフローイメージングを加えた全乳房超音波(WBUS),MRIに加え,乳腺放射線科医によるSFMの再読影を行った報告がある。全乳癌検出率は3%で,各モダリティの乳癌検出率は,SFM(乳腺放射線科医による再読影) 1.0%(6/597),DM 1.2%,WBUS 0.53%,MRI 2.1%であり,高リスク群に対するマンモグラフィに追加するモダリティとして,DM,WBUS,MRIの中ではMRIが最も高いとされている11)。本報告では超音波検査は低コスト検査として扱われ,超音波検査の精度管理意識は低いようである。

 このような乳癌検出に関する新しいモダリティ追加の有用性が報告される中,追加により多くの良性病変が検出されることも考慮しておく必要がある12)。有効という評価には感度が高いだけでなく特異度が高いことも求められるからである。超音波とマンモグラフィを乳癌検出に用いた大規模多施設前向き試験ACRIN6666の結果では,超音波を加えることにより1,000人あたり1.1~7.2人の乳癌発見が増えるが,偽陽性率も増やすと報告されている13)。一方,わが国の施設より,超音波をマンモグラフィ検診に加えることによりマンモグラフィ検診のrecall rateを下げることが可能であるとの報告もあり14),その成績は超音波検査の精度に左右される可能性がある15)

 現在,国内においても,乳癌検診での超音波併用が検討され,大規模臨床試験16)が進行中である。本試験は超音波検査の精度管理15)が導入されているうえ,登録者数は75,000人を超えており,おそらく世界最大のランダム化臨床試験である。この結果は今後の乳房超音波検査の動向を大きく左右するであろう(検診CQ 5参照)。

検索式・参考にした二次資料

 2013年版での検索結果に加え,PubMedにて,ultrasound,breast cancer detectionのキーワードを用いて検索した。検索期間は2012~2014年とした。

参考文献

1) Crystal P, Strano SD, Shcharynski S, Koretz MJ. Using sonography to screen women with mammographically dense breasts. AJR Am J Roentgenol. 2003;181(1):177—82.
→PubMed

2) Kolb TM, Lichy J, Newhouse JH. Occult cancer in women with dense breasts:detection with screening US–diagnostic yield and tumor characteristics. Radiology. 1998;207(1):191-9.
→PubMed

3) Kaplan SS. Clinical utility of bilateral whole-breast US in the evaluation of women with dense breast tissue. Radiology. 2001;221(3):641-9.
→PubMed

4) Buchberger W, Niehoff A, Obrist P, DeKoekkoek-Doll P, Dünser M. Clinically and mammographically occult breast lesions:detection and classification with high-resolution sonography. Semin Ultrasound CT MR. 2000;21(4):325-36.
→PubMed

5) Kolb TM, Lichy J, Newhouse JH. Comparison of the performance of screening mammography, physical examination, and breast US and evaluation of factors that influence them:an analysis of 27,825 patient evaluations. Radiology. 2002;225(1):165-75.
→PubMed

6) Gordon PB, Goldenberg SL. Malignant breast masses detected only by ultrasound. A retrospective review. Cancer. 1995;76(4):626-30.
→PubMed

7) Boyd NF, Guo H, Martin LJ, Sun L, Stone J, Fishell E, et al. Mammographic density and the risk and detection of breast cancer. N Engl J Med. 2007;356(3):227-36.
→PubMed

8) Harvey JA, Bovbjerg VE. Quantitative assessment of mammographic breast density:relationship with breast cancer risk. Radiology. 2004;230(1):29-41.

9) Flobbe K, Bosch AM, Kessels AG, Beets GL, Nelemans PJ, von Meyenfeldt MF, et al. The additional diagnostic value of ultrasonography in the diagnosis of breast cancer. Arch Intern Med. 2003;163(10):1194-9.
→PubMed

10) Leconte I, Feger C, Galant C, Berlière M, Berg BV, D’Hoore W, Maldague B. Mammography and subsequent whole-breast sonography of nonpalpable breast cancers:the importance of radiologic breast density. AJR Am J Roentgenol. 2003;180(6):1675-9.
→PubMed

11) Weinstein SP, Localio AR, Conant EF, Rosen M, Thomas KM, Schnall MD. Multimodality screening of high-risk women:a prospective cohort study. J Clin Oncol. 2009;27(36):6124-8.
→PubMed

12) Fung HM, Jackson FI. Clinically and mammographically occult breast lesions demonstrated by ultrasound. J R Soc Med. 1990;83(11):696-8.
→PubMed

13) Berg WA, Blume JD, Cormack JB, Mendelson EB, Lehrer D, Böhm-Vélez M, et al. Combined screening with ultrasound and mammography vs mammography alone in women at elevated risk of breast cancer. JAMA. 2008;299(18):2151-63.
→PubMed

14) Tohno E, Umemoto T, Sasaki K, Morishima I, Ueno E. Effect of adding screening ultrasonography to screening mammography on patient recall and cancer detection rates:a retrospective study in Japan. Eur J Radiol. 2013;82(8):1227-30.
→PubMed

15) Tohno E, Takahashi H, Tamada T, Fujimoto Y, Yasuda H, Ohuchi N. Educational program and testing using images for the standardization of breast cancer screening by ultrasonography. Breast Cancer. 2012;19(2):138-46.
→PubMed

16) Ishida T, Suzuki A, Kawai M, Narikawa Y, Saito H, Yamamoto S, et al. A randomized controlled trial to verify the efficacy of the use of ultrasonography in breast cancer screening aged 40-49(J-START):76 196 women registered. Jpn J Clin Oncol. 2014;44(2):134-40.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.