日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

乳房腫瘤性および非腫瘤性病変における良悪性の鑑別に超音波検査は勧められるか (検診.画像診断・画像診断―超音波・ID51720)

CQ3 乳癌診療ガイドライン2 疫学・診断編(189-191ページ)
推奨グレード B 乳房腫瘤性病変の良悪性の鑑別に,超音波検査を行うことは勧められる。
C1 乳房非腫瘤性病変の良悪性の鑑別に,いまだ十分な科学的根拠はないが,細心の注意のもと超音波検査を行うことを考慮してもよい。

背景・目的

 超音波検査は,以前はマンモグラフィや視触診で発見された病変を評価する手段として用いられてきた。主に腫瘤性病変が囊胞性か充実性かを鑑別する手法として発展してきた経緯がある。最近では,装置・アプリケーションの向上により,視触診やマンモグラフィでは検出できない乳癌が検出できることも確認され(画像診断CQ 2参照),充実性腫瘤における良悪性の鑑別への有用性も示されている。一方,非腫瘤性病変の検出や診断精度も報告されており,さらに超音波所見用語の統一化や良悪性の判定の基準の作成も進んできている。

解 説

 欧米においてはマンモグラフィの歴史が長く,また,臨床医の多くが直接超音波検査を実施しないこともあり,超音波診断は比較的軽視されていた1)2)。特に施行者の技量や装置性能の差により正診率にばらつきがあり,また用語の統一にも課題があったため,良悪性の鑑別診断への評価が低かったと考えられる3)。近年の超音波診断装置の改良やソフトウェアの開発により超音波画像の精度は著しく向上しており4)5),充実性腫瘤の形態の解析や可動性,易変形性の評価などが診断および良悪性の鑑別に役立つとされてきている。良悪性の鑑別における超音波検査(Bモード)の精度は腫瘍の大きさごとに異なるが,75.6~88.4%と報告されている6)~8)

 わが国では1989年に日本超音波医学会により乳房腫瘤についての診断基準が作成された。しかし,この時点では乳房超音波検査に水浸法が一部では稼動しており,メカニカルセクタ方式や,リニア電子スキャンプローブと音響カプラとを組み合わせた方式などが混在していたこと,さらには近年の超音波技術の向上に伴い腫瘤性病変ばかりでなく腫瘤を形成しない非腫瘤性病変や石灰化の評価も可能になってきたことなどから,「日本超音波医学会乳腺疾患診断基準検討委員会」や「日本乳腺甲状腺超音波診断会議(JABTS)用語・診断基準委員会」が主となって,より現実的で精度の高い基準へと改定が進められ,2004年7月に「乳房超音波診断ガイドライン」が発行された。その中でも,超音波検査は腫瘤性病変における良悪性の鑑別に有用であることが示され,推奨されている。このガイドラインは2008年に乳房超音波検診診断樹を含めて大幅に改訂された(改訂第2版)9)

 一方,欧米ではBI—RADSを中心に用語の使用が普及している。BI—RADSはマンモグラフィの所見報告における用語の基準化のために1993年米国放射線専門医会(ACR)により作成された。2003年にBI—RADSの超音波第一版が作成され,所見用語の統一化,均質な診断が行われるようになってきた10)。充実性腫瘍の良悪性の鑑別において正診率は71.3%,陽性反応適中度67.8%,陰性反応適中度92.3%と報告されている11)12)。2013年に第2版13)が出版され,エラストグラフィが追加されるなどの改訂が進んでいる。

 BI—RADSを用いた超音波のカテゴリー分類は世界的に普及しているが,観察者間でのばらつきの問題も指摘されている14)15)。また,非腫瘤性病変に対する用語が明確に定義されていない。例えば,低エコー域は日本の乳房超音波診断ガイドライン16)で非腫瘤性病変として分類されることがあるが,海外では境界不明瞭な低エコー腫瘤として分類されることが多い17)現在,非腫瘤性病変に関するカテゴリー分類の報告は限られており1819,今後,再現性の高いカテゴリー分類が行えるよう,用語の検討や多施設研究が必要と考える。特に,日本の乳房超音波診断ガイドライン16とBI—RADSとの整合性の検討は急務であると考える。

 近年,良悪性の鑑別に新しい手法を用いた超音波検査技術が注目されてきており,乳房超音波検査はBモードだけでなく,フローイメージングやエラストグラフィを含めた診断手法として認識されてきている(画像診断CQ 45参照)。

検索式・参考にした二次資料

 2013年版での検索結果に加え,PubMedにて,ultrasound,breast,mass,lump,lesion,benign,malignantのキーワードを用いて検索した。検索期間は2007年以降とした。また,ASCO,NCCNガイドライン,BI—RADS for Ultrasound,乳房超音波診断ガイドラインを参考にした。

参考文献

1) Canadian Association of Radiation Oncologists. Investigation of lesions detected by mammography. The steering committee on clinical practice Guidelines for the care and treatment of breast cancer. CMAJ. 1998;158 Suppl 3:S9—14.
→PubMed

2) Bassett LW, Kimme-Smith C. Breast sonography. AJR Am J Roentgenol. 1991;156(3):449-55.
→PubMed

3) Baker JA, Kornguth PJ, Soo MS, Walsh R, Mengoni P. Sonography of solid breast lesions:observer variability of lesion description and assessment. AJR Am J Roentgenol. 1999;172(6):1621-5.
→PubMed

4) Yang WT, Mok CO, King W, Tang A, Metreweli C. Role of high frequency ultrasonography in the evaluation of palpable breast masses in Chinese women:alternative to mammography? J Ultrasound Med. 1996;15(9):637-44.
→PubMed

5) Schulz-Wendtland R, Bock K, Aichinger U, de Waal J, Bader W, Albert US, et al. Ultrasound examination of the breast with 7.5MHz and 13MHz-transducers:scope for improving diagnostic accuracy in complementary breast diagnostics? Ultraschall Med. 2005;26(3):209-15.
→PubMed

6) Rahbar G, Sie AC, Hansen GC, Prince JS, Melany ML, Reynolds HE, et al. Benign versus malignant solid breast masses:US differentiation. Radiology. 1999;213(3):889-94.
→PubMed

7) Chen SC, Cheung YC, Su CH, Chen MF, Hwang TL, Hsueh S. Analysis of sonographic features for the differentiation of benign and malignant breast tumors of different sizes. Ultrasound Obstet Gynecol. 2004;23(2):188-93.
→PubMed

8) Ohlinger R, Klein GM, Köhler G. Ultrasound of the breast-value of sonographic criteria for the differential diagnosis of solid lesions. Ultraschall Med. 2004;25(1):48-53.
→PubMed

9) 日本乳腺甲状腺超音波医学会編集.乳房超音波診断ガイドライン.改訂第2版,東京,南江堂,2008.
→PubMed

10) Lazarus E, Mainiero MB, Schepps B, Koelliker SL, Livingston LS. BI-RADS lexicon for US and mammography:interobserver variability and positive predictive value. Radiology. 2006;239(2):385-91.
→PubMed

11) Costantini M, Belli P, Lombardi R, Franceschini G, Mulè A, Bonomo L. Characterization of solid breast masses:use of the sonographic breast imaging reporting and data system lexicon. J Ultrasound Med. 2006;25(5):649-59.
→PubMed

12) Hong AS, Rosen EL, Soo MS, Baker JA. BI-RADS for sonography:positive and negative predictive values of sonographic features. AJR Am J Roentgenol. 2005;184(4):1260-5.
→PubMed

13) American College of Radiology. BI-RADS:ultrasound, 2nd ed. Breast imaging reporting and data system:BI-RADS atlas. 5th ed, Reston, VA, American College of Radiology, 2013.

14) Abdullah N, Mesurolle B, El-Khoury M, Kao E. Breast imaging reporting and data system lexicon for US:interobserver agreement for assessment of breast masses. Radiology. 2009;252(3):665-72.
→PubMed

15) Raza S, Chikarmane SA, Neilsen SS, Zorn LM, Birdwell RL. BI-RADS 3, 4, and 5 lesions:value of US in management–follow-up and outcome. Radiology. 2008;248(3):773-81.
→PubMed

16) 日本乳腺甲状腺超音波医学会編集.乳房超音波診断ガイドライン.改訂第3版,東京,南江堂,2014.

17) Wang LC, Sullivan M, Du H, Feldman MI, Mendelson EB. US appearance of ductal carcinoma in situ. Radiographics. 2013;33(1):213-28.
→PubMed

18) Tozaki M, Fukuma E. Category assessment based on 3D volume data acquired by automated breast ultrasonography. Jpn J Radiol. 2012;30(2):185-91.
→PubMed

19) Ko KH, Hsu HH, Yu JC, Peng YJ, Tung HJ, Chu CM, Chang TH, Chang WC, Wu YC, Lin YP, Hsu GC. Non-mass-like breast lesions at ultrasonography:feature analysis and BI-RADS assessment. Eur J Radiol. 2015;84(1):77-85.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.