日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

FDG-PETは、少なくとも何らかの再発が疑われる患者の乳癌術後の再発および転移の検出に勧められるか (検診.画像診断・画像診断―遠隔転移・ID51810)

CQ12 乳癌診療ガイドライン2 疫学・診断編(215-216ページ)
推奨グレード B FDG—PETは有所見の患者の乳癌術後の局所再発および転移の検出に勧められる。

背景・目的

 乳癌術後の経過観察において再発および転移の検出は,その後の治療方針を決定する大きな要素である。術後再発および転移の検出に関するFDG—PET検査の有用性を,局所再発,リンパ節転移および遠隔転移別に他の画像検査と比較し検討した。

解 説

 FDG—PETは機能画像であり,他の形態学的な画像検査と比較して腫瘍の活動性を評価することができる。また,全身の評価が1回の検査で行えるという利点がある1)。近年はCTが一体となったFDG—PET/CTとしての撮像が多く行われており,正確な位置情報や形態情報も併せての診断が可能となっている2)

 FDG—PETによる乳癌の再発および転移の検出に関するIsasiらのメタアナリシスでは,平均感度92.7%,平均特異度81.6%,累積感度(95%CI)90%,偽陽性率(95%CI)11%と報告され3),その後のPanらのメタアナリシスでは,累積感度(95%CI)95.3%,特異度86.3%と報告されており2),いずれもFDG—PETの有用性を示唆するものである。他の検査法(マンモグラフィ,超音波,CT,X線,骨シンチグラフィ)との比較においても,FDG—PETは再発および転移の検出感度に優れている。MRIは感度95.0%と同等の結果だが,特異度は92.9%と高く,組合せはより有用と考えられる2)

 現在,PET検査の多くがPET/CTとして施行されており,既存の検査方法(超音波,X線,骨シンチグラフィ)との比較を行ったHongらのメタアナリシスでは,PET/CTの感度97%,特異度95%に対して既存の検査が感度56%,特異度91%とされており,PET/CTの有用性が示されている4)

 部位別の検討では局所再発,リンパ節転移,遠隔転移のいずれにおいてもFDG—PETの感度は高く検出に優れているが,リンパ節の微小転移,10 mm以下の病変,浸潤性小葉癌において偽陰性になることがある5)~8)

 骨転移の診断能については,FDG—PET,骨シンチグラフィ,MRIのそれぞれについて累積感度は83.3%,87.0%,97.1%,累積特異度は94.5%,88.1%,97.0%と報告されている9)。FDG—PETでは造骨性転移の検出能が骨シンチグラフィに劣ることや,局所の評価についてはMRIのほうがより感度が高いことが示唆されている。しかし,FDG—PETでは近年は多くがPET/CTとして撮像されており,CTの情報を併せることで骨シンチグラフィと同等の感度をもつことが示されている10)11)。その後のRongらのメタアナリシスでは,FDG—PET/CTの感度が93%,特異度が99%であり,骨シンチの感度が81%,特異度が96%であったとしており,FDG—PET/CTの有用性が示されている12)

 現時点では,乳癌術後のルーチン検査としてはFDG—PETは勧められていない(検診・画像診断:総論3.初期治療後フォローアップを参照)。しかし,身体所見や他の画像検査または腫瘍マーカーから再発が強く疑われる症例,あるいは局所再発が確定している症例において,転移検索や治療方針の決定にFDG—PETが施行されることが多く,これらの症例群においては有用であると考えられる11314

検索式・参考にした二次資料

 2013年での検索結果に加え,PubMedにて,breast,PET,recurrence,metastasisのキーワードを用いて検索した。検索期間は2013年以降とした。

参考文献

1) Siggelkow W, Rath W, Buell U, Zimny M. FDG PET and tumour markers in the diagnosis of recurrent and metastatic breast cancer. Eur J Nucl Med Mol Imaging. 2004;31 Suppl 1:S118—24.
→PubMed

2) Pan L, Han Y, Sun X, Liu J, Gang H. FDG-PET and other imaging modalities for the evaluation of breast cancer recurrence and metastases:a meta-analysis. J Cancer Res Clin Oncol. 2010;136(7):1007-22.
→PubMed

3) Isasi CR, Moadel RM, Blaufox MD. A meta-analysis of FDG-PET for the evaluation of breast cancer recurrence and metastases. Breast Cancer Res Treat. 2005;90(2):105-12.
→PubMed

4) Hong S, Li J, Wang S. 18FDG PET-CT for diagnosis of distant metastases in breast cancer patients. A meta-analysis. Surg Oncol. 2013;22(2):139-43.
→PubMed

5) Kumar R, Alavi A. Fluorodeoxyglucose-PET in the management of breast cancer. Radiol Clin North Am. 2004;42(6):1113-22, ix.
→PubMed

6) Weir L, Worsley D, Bernstein V. The value of FDG positron emission tomography in the management of patients with breast cancer. Breast J. 2005;11(3):204-9.
→PubMed

7) Kim TS, Moon WK, Lee DS, Chung JK, Lee MC, Youn YK, et al. Fluorodeoxyglucose positron emission tomography for detection of recurrent or metastatic breast cancer. World J Surg. 2001;25(7):829-34.
→PubMed

8) Kamel EM, Wyss MT, Fehr MK, von Schulthess GK, Goerres GW.[18F]-Fluorodeoxyglucose positron emission tomography in patients with suspected recurrence of breast cancer. J Cancer Res Clin Oncol. 2003;129(3):147-53.
→PubMed

9) Liu T, Cheng T, Xu W, Yan WL, Liu J, Yang HL. A meta-analysis of 18FDG-PET, MRI and bone scintigraphy for diagnosis of bone metastases in patients with breast cancer. Skeletal Radiol. 2011;40(5):523-31.
→PubMed

10) Morris PG, Lynch C, Feeney JN, Patil S, Howard J, Larson SM, et al. Integrated positron emission tomography/computed tomography may render bone scintigraphy unnecessary to investigate suspected metastatic breast cancer. J Clin Oncol. 2010;28(19):3154-9.
→PubMed

11) Houssami N, Costelloe CM. Imaging bone metastases in breast cancer:evidence on comparative test accuracy. Ann Oncol. 2012;23(4):834-43.
→PubMed

12) Rong J, Wang S, Ding Q, Yun M, Zheng Z, Ye S. Comparison of 18 FDG PET-CT and bone scintigraphy for detection of bone metastases in breast cancer patients. A meta-analysis. Surg Oncol. 2013;22(2):86-91.
→PubMed

13) Eubank WB, Mankoff D, Bhattacharya M, Gralow J, Linden H, Ellis G, et al. Impact of FDG PET on defining the extent of disease and on the treatment of patients with recurrent or metastatic breast cancer. AJR Am J Roentgenol. 2004;183(2):479-86.
→PubMed

14) Yap CS, Seltzer MA, Schiepers C, Gambhir SS, Rao J, Phelps ME, Valk PE, Czernin J. Impact of whole-body 18F-FDG PET on staging and managing patients with breast cancer:the referring physician’s perspective. J Nucl Med. 2001;42(9):1334-7.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.