日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

病理診断 【目次】

乳癌診療ガイドライン「病理診断」の目次です。 (各グレードの詳細は「こちら」をご覧ください)

グレード表示   推奨グレード エビデンスグレード
1 A Convincing(確実)
2 B Probable(ほぼ確実)
3 C1 Limited-suggestive(可能性あり)
4 C2 Limited-no conclusion(証拠不十分)
5 D Substantial effect on risk unlikely(大きな関連なし)

【 病理診断 】

グレード リンク CQ 項目
  1 2 3 4 5     総論
            閲覧   総論1:細胞診・針生検
            閲覧   総論2:乳癌intrinsicsubtypeと免疫組織化学的方法を用いた代替定義について
            閲覧   総論3:病理組織検体の適切な取扱いについて
  1 2 3 4 5     細胞診
推奨       閲覧 1 乳房疾患および腋窩リンパ節に対する穿刺吸引細胞診は良悪性の判定方法として勧められるか
  1 2 3 4 5     針生検
推奨         閲覧 2 針生検は乳房疾患の良悪性の判定方法として勧められるか
  1 2 3 4 5     吸引式乳房組織生検
推奨         閲覧 3 石灰化を伴う非触知乳癌の確定診断にステレオガイド下吸引式乳房組織生検は勧められるか
  1 2 3 4 5     浸潤性乳管癌の病理学的悪性度
推奨         閲覧 4 治療方針決定に浸潤性乳管癌の病理学的悪性度の評価は勧められるか
  1 2 3 4 5     浸潤性乳癌のKi67
推奨       閲覧 5 浸潤性乳癌のKi67の評価は勧められるか
  1 2 3 4 5     術前化学療法と組織学的治療、効果判定
推奨         閲覧 6 術前化学療法後、病理組織学的に治療効果を判定することは勧められるか
  1 2 3 4 5     ホルモン受容体
推奨         閲覧 7 内分泌療法の適応決定にホルモン受容体の検索は勧められるか
推奨         閲覧 8 免疫組織化学的方法によるホルモン受容体検索において、陽性癌細胞の占有率の評価は必要か
  1 2 3 4 5     HER2検査
推奨         閲覧 9 HER2検査は乳癌の治療方針決定に勧められるか​
推奨         閲覧 10 HER2検査として免疫組織化学的方法は勧められるか
推奨         閲覧 11 11HER2検査としてin situ hybridization法は勧められるか
  1 2 3 4 5     針生検とホルモン受容体・HER2検査
推奨       閲覧 12 針生検におけるホルモン受容体、HER2の検索は勧められるか
  1 2 3 4 5     断端検索
推奨         閲覧 13 乳房温存手術において、病理組織学的断端検索は勧められるか
推奨         閲覧 14 乳房温存手術において、術中病理組織診断による断端検索は勧められるか
  1 2 3 4 5     センチネルリンパ節
推奨       閲覧 15 センチネルリンパ節の病理学的検索は勧められるか
  1 2 3 4 5     セルブロック法
推奨         閲覧 16 再発乳癌における治療方針決定にセルブロック標本を用いた検討は勧められるか
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.