日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

HER2検査は乳癌の治療方針決定に勧められるか (病理診断・HER2検査・ID61940)

CQ9 乳癌診療ガイドライン2 疫学・診断編(257-258ページ)
推奨グレード A HER2検査は浸潤性乳癌の治療方針決定に強く勧められる。

推奨グレードを決めるにあたって

 HER2は予後予測因子であると同時に抗HER2療法を使用するかどうかを決定する重要な効果予測因子でもあり,乳癌の治療方針決定に際しHER2検査は強く推奨される。

背景・目的

 HER2遺伝子は上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子と類似の構造を有する癌遺伝子である。HER2遺伝子がコードする産物(HER2蛋白)は細胞膜に局在する受容体で,チロシンキナーゼ活性を有し上皮細胞の増殖と分化に関わっている。乳癌の15~25%でHER2の遺伝子増幅または蛋白過剰発現が認められており,HER2の遺伝子増幅ないし蛋白過剰発現を有する乳癌患者は予後不良である1)~3)。また,HER2蛋白はトラスツズマブなどの抗HER2療法(分子標的治療薬)の標的である4)

 HER2の遺伝子増幅や蛋白発現を検索すること(HER2検査)が,乳癌患者の予後予測や治療法選択に役立つかを検討した。

解 説

 HER2は乳癌の予後予測因子であると同時に効果予測因子でもあり,HER2陽性乳癌は予後不良で抗HER2療法が奏効する3)。術後薬物療法で化学療法薬にトラスツズマブを加えた群と化学療法薬単独群を比較した複数の大規模比較試験において,化学療法薬にトラスツズマブを加えた群の無再発生存期間,全生存期間の改善が証明された5)6)。化学療法薬とトラスツズマブ1年投与の併用が,HER2陽性原発性乳癌でリンパ節転移陽性,または浸潤径が1 cmを超えた場合の標準治療となっている7)8)(乳癌診療ガイドライン①治療編2015年版,薬物療法CQ 13参照)。転移乳癌でもHER2陽性乳癌に対するトラスツズマブの有効性が確立されている5)

 原発乳癌,転移乳癌両方に抗HER2療法は有効であるため,抗HER2療法の使用を決めるHER2検査は,エストロゲン受容体やプロゲステロン受容体と同じく,乳癌の治療方針決定に重要である。

 測定には生検ないし外科的に摘出された原発巣か転移巣の組織切片を用いる。以前は,HER2発現状況は原発巣と転移巣の間で大きな差がなく,再発乳癌においても原発巣での検索で代用可能と考えられてきたが9),近年,10~24%程度の症例で,原発巣と転移巣でHER2発現状況が異なることが報告された10)11)画像診断CQ 13参照)。治療法選択上,転移・再発巣でも可能な限りHER2検査を行うべきである。

 HER2検査は抗HER2療法適応決定に直接関わるため,精度管理が極めて重要である。各施設のIHC法にてHER2陽性と診断された症例のうち2割程度が,中央での再検査では,蛋白過剰発現も遺伝子増幅もなかったとの報告がある12)13)。精度の高い検査を行うには,推奨された標本作製法,判定法を遵守する必要がある。わが国では最近,病理検査の精度管理を目的とした特定非営利活動法人日本病理精度保証機構(http://www.jpqas.jp/)が始動したところであり,今後の活動が期待される。

 以上より,HER2は予後予測因子であると同時に抗HER2療法を使用するかどうかを決定する重要な効果予測因子でもあり,乳癌の治療方針決定にHER2検査は強く推奨される。

検索式・参考にした二次資料

 2013年版での検索結果に加え,PubMedでbreast cancer,human epidermal growth factor receptor type 2,predictive factorのキーワードを用いて検索した。検索期間は2012年以降とした。またNCCNガイドライン2014年第3版を参考にした。ハンドサーチで検索された重要文献も追加した。

参考文献

1) 日本乳癌学会.全国乳がん患者登録調査報告-確定版.第42号.2011年次症例.日本乳癌学会ホームページ http://www.jbcs.gr.jp より

2) Slamon DJ, Clark GM, Wong SG, Levin WJ, Ullrich A, McGuire WL. Human breast cancer:correlation of relapse and survival with amplification of the HER—2/neu oncogene. Science. 1987;235(4785):177-82.
→PubMed

3) Amodio R, Zarcone M, Cusimano R, Campisi I, Dolcemascolo C, Traina A, et al. Target therapy in HER2-overexpressing breast cancer patients. OMICS. 2011;15(6):363-7.
→PubMed

4) Cobleigh MA, Vogel CL, Tripathy D, Robert NJ, Scholl S, Fehrenbacher L, et al. Multinational study of the efficacy and safety of humanized anti-HER2 monoclonal antibody in women who have HER2-overexpressing metastatic breast cancer that has progressed after chemotherapy for metastatic disease. J Clin Oncol. 1999;17(9):2639-48.
→PubMed

5) Arteaga CL, Sliwkowski MX, Osborne CK, Perez EA, Puglisi F, Gianni L. Treatment of HER2-positive breast cancer:current status and future perspectives. Nat Rev Clin Oncol. 2011;9(1):16-32.
→PubMed

6) Guarneri V, Barbieri E, Dieci MV, Piacentini F, Conte P. Anti-HER2 neoadjuvant and adjuvant therapies in HER2 positive breast cancer. Cancer Treat Rev. 2010;36 Suppl 3:S62-6.
→PubMed

7) NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology, Breast Cancer. ver3. 2014.

8) Goldhirsch A, Winer EP, Coates AS, Gelber RD, Piccart-Gebhart M, Thürlimann B, Senn HJ;Panel members. Personalizing the treatment of women with early breast cancer:highlights of the St Gallen International Expert Consensus on the Primary Therapy of Early Breast Cancer 2013. Ann Oncol. 2013;24(9):2206-23.
→PubMed

9) Gong Y, Booser DJ, Sneige N. Comparison of HER-2 status determined by fluorescence in situ hybridization in primary and metastatic breast carcinoma. Cancer. 2005;103(9):1763-9.
→PubMed

10) Niikura N, Liu J, Hayashi N, Mittendorf EA, Gong Y, Palla SL, et al. Loss of human epidermal growth factor receptor 2(HER2)expression in metastatic sites of HER2-overexpressing primary breast tumors. J Clin Oncol. 2012;30(6):593-9.
→PubMed

11) Fabi A, Di Benedetto A, Metro G, Perracchio L, Nisticò C, Di Filippo F, et al. HER2 protein and gene variation between primary and metastatic breast cancer:significance and impact on patient care. Clin Cancer Res. 2011;17(7):2055-64.
→PubMed

12) Paik S, Bryant J, Tan-Chiu E, Romond E, Hiller W, Park K, et al. Real-world performance of HER2 testing-National Surgical Adjuvant Breast and Bowel Project experience. J Natl Cancer Inst. 2002;94(11):852-4.
→PubMed

13) Roche PC, Suman VJ, Jenkins RB, Davidson NE, Martino S, Kaufman PA, et al. Concordance between local and central laboratory HER2 testing in the breast intergroup trial N9831. J Natl Cancer Inst. 2002;94(11):855-7.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.