日本乳癌学会のWeb版「乳癌診療ガイドライン」

針生検におけるホルモン受容体、HER2の検索は勧められるか (病理診断・針生検とホルモン受容体・HER2検査・ID61970)

CQ12 乳癌診療ガイドライン2 疫学・診断編(266-268ページ)
推奨グレード A 術前薬物療法を行う可能性がある症例では,針生検でホルモン受容体,HER2を検索することが強く勧められる。
C1 手術先行症例では,針生検でホルモン受容体,HER2を検索することを考慮してもよい。

推奨グレードを決めるにあたって

 術前薬物療法を行う可能性がある症例では,治療方針決定のために針生検でホルモン受容体,HER2を検索することが強く勧められる。手術先行症例では,癌巣を広く観察できる手術標本での検索が望ましいが,手術前から治療方針の見通しを立てるために,針生検での検索を考慮してもよい。

背景・目的

 ホルモン受容体(エストロゲン受容体;ER,プロゲステロン受容体;PgR)とHER2は予後予測因子であると同時に薬物療法の効果予測因子でもあり,乳癌の全身療法の治療方針を決定するうえで不可欠な因子である。このため,すべての浸潤性乳癌で検索されている(病理診断CQ 79参照)。以前はホルモン受容体とHER2は手術標本で検索されていたが,術前薬物療法や臨床試験,治験が行われるようになり,針生検標本でも検索されるようになっている。針生検標本におけるホルモン受容体,HER2検索の有用性について検討した。

解 説

 術前薬物療法を行う可能性がある症例では,術前薬物療法の適否,さらには,適切な薬物の選択のために,治療前の針生検でホルモン受容体とHER2の発現状況を確認することは必須である。同一の乳癌の針生検標本と手術標本ではホルモン受容体やHER2の判定結果が異なることがあり,針生検標本が手術標本の代用になり得るかが議論となる。結果が異なる原因として,検体の取り扱いや染色方法の相違,腫瘍内の不均質性,術前薬物療法症例においては薬物による癌の生物学的な性質の変化などが挙げられる1)。手術先行症例において針生検標本と手術標本を比較検討した結果,ERの一致率は82~100%,PgRは78~97%,HER2は60~98%である2)~9)。施設による標本作製の違いや陽性判定基準の違い,症例数の違いなどもあり,報告によって一致率に幅を認めるが,概ね一致している2)4)。HER2の免疫組織化学法(IHC法)にFISH法を加えると針生検標本と手術標本の一致率は上昇し,IHC法では60~90%3)4)9),FISH法では81~98%4)6)~8)10)11)の一致率となっている。

 手術先行と比較し術前薬物療法症例では針生検標本と手術標本のホルモン受容体の一致率は低く,67~92%である1)。針生検がHER2陽性で術前薬物療法としてトラスツズマブが入らなければ,手術標本でHER2が陰転化することは少ないが,トラスツズマブが加わると15~43%1)12)で陰転化したという報告があり,トラスツズマブの影響については今後の研究の蓄積が待たれる。ホルモン受容体が手術標本で陽転化した場合,陽転化しない症例と比較して予後が良好であることが報告されており,予後予測の観点から術前薬物療法症例の手術標本でもホルモン受容体を再検する意義はある1)

 手術先行症例の針生検標本でホルモン受容体やHER2を検索することで,癌の生物学的特徴を治療前から把握でき,手術後の薬物治療の見通しを立てることができるが,手術標本でも検索する場合は必ずしも検索をする必要はない。また,腫瘍の均質性を確認できるという意味では,針生検標本よりも癌巣を広く観察できる手術標本代表切片での検索が望ましい。しかし,手術標本のホルモン受容体が陰性のときは,針生検標本で再評価することも考慮される2)4)5)7)

 以上より,ホルモン受容体,HER2ともに針生検標本で手術標本での判定の代用が可能である。術前薬物療法を行う可能性がある症例では治療方針の決定のために,針生検でホルモン受容体,HER2の検索を行うことが強く勧められる。手術先行症例の場合は,手術標本でホルモン受容体陰性と判定されたときに針生検標本での再評価を考慮してもよい。

検索式・参考にした二次資料

 2013年版での検索結果に加え,PubMedにて,breast,core needle biopsy,hormone receptor,estrogen receptor,HER2のキーワードを用いて検索した。検索期間は2012年以降とした。

参考文献

1) van de Ven S, Smit VT, Dekker TJ, Nortier JW, Kroep JR. Discordances in ER, PR and HER2 receptors after neoadjuvant chemotherapy in breast cancer. Cancer Treat Rev. 2011;37(6):422—30.
→PubMed

2) Bilous M. Breast core needle biopsy:issues and controversies. Mod Pathol. 2010;23 Suppl 2:S36—45.
→PubMed

3) Lebeau A, Turzynski A, Braun S, Behrhof W, Fleige B, Schmitt WD, et al. Reliability of human epidermal growth factor receptor 2 immunohistochemistry in breast core needle biopsies. J Clin Oncol. 2010;28(20):3264—70.
→PubMed

4) Chen X, Yuan Y, Gu Z, Shen K. Accuracy of estrogen receptor, progesterone receptor, and HER2 status between core needle and open excision biopsy in breast cancer:a meta—analysis. Breast Cancer Res Treat. 2012;134(3):957—67.
→PubMed

5) Li S, Yang X, Zhang Y, Fan L, Zhang F, Chen L, et al. Assessment accuracy of core needle biopsy for hormone receptors in breast cancer:a meta—analysis. Breast Cancer Res Treat. 2012;135(2):325—34.
→PubMed

6) Lee AH, Key HP, Bell JA, Hodi Z, Ellis IO. Concordance of HER2 status assessed on needle core biopsy and surgical specimens of invasive carcinoma of the breast. Histopathology. 2012;60(6):880—4.
→PubMed

7) Lorgis V, Algros MP, Villanueva C, Chaigneau L, Thierry—Vuillemin A, Nguyen T, et al. Discordance in early breast cancer for tumour grade, estrogen receptor, progesteron receptors and human epidermal receptor—2 status between core needle biopsy and surgical excisional primary tumour. Breast. 2011;20(3):284—7.
→PubMed

8) Greer LT, Rosman M, Mylander WC, Hooke J, Kovatich A, Sawyer K, et al. Does breast tumor heterogeneity necessitate further immunohistochemical staining on surgical specimens? J Am Coll Surg. 2013;216(2):239—51.
→PubMed

9) Ricci MD, Calvano Filho CM, Oliveira Filho HR, Filassi JR, Pinotti JA, Baracat EC. Analysis of the concordance rates between core needle biopsy and surgical excision in patients with breast cancer. Rev Assoc Med Bras. 2012;58(5):532—6.
→PubMed

10) Tsuda H, Kurosumi M, Umemura S, Yamamoto S, Kobayashi T, Osamura RY. HER2 testing on core needle biopsy specimens from primary breast cancers:interobserver reproducibility and concordance with surgically resected specimens. BMC Cancer. 2010;10:534.
→PubMed

11) D’Alfonso T, Liu YF, Monni S, Rosen PP, Shin SJ. Accurately assessing her—2/neu status in needle core biopsies of breast cancer patients in the era of neoadjuvant therapy:emerging questions and considerations addressed. Am J Surg Pathol. 2010;34(4):575—81.
→PubMed

12) Guarneri V, Dieci MV, Barbieri E, Piacentini F, Omarini C, Ficarra G, et al. Loss of HER2 positivity and prognosis after neoadjuvant therapy in HER2—positive breast cancer patients. Ann Oncol. 2013;24(12):2990—4.
→PubMed

乳癌診療ガイドライン

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.