治療を受けるにあたって

乳がんの治療を考えるときには「初期治療」と「遠隔転移の治療」に区別して考える必要があります。

初期治療

「初期治療」というのは,他の臓器への転移(遠隔転移)がない乳がん患者さんの治療で,完全に治すこと(治癒)を目指すものです。

遠隔転移のない乳がん患者さんの場合,がんのある場所(病巣)を切除することで治癒する可能性が比較的高いと考えられています。ただ,手術で病巣を切除しても,遠隔転移が出現する方が一定の割合でおられます。なぜ,手術のときには遠隔転移がないのに,術後時間が経つと遠隔転移が出てくるのでしょうか。それは一定の割合の患者さんでは,手術のときに検査ではわからない小さな転移(微小転移といいます)がすでにからだのどこかに潜んでいて,時間とともにそれが大きくなってみつかるようになるからであると考えられます。すなわち,手術の後に微小転移が残ってしまっている患者さんは,手術だけでは乳がんを治すことができません。微小転移があるかどうかは手術の段階ではその確率しかわかりません。微小転移がある確率は,乳がんのしこりが大きいほど,リンパ節の転移があるほど,また,がん細胞のたちが悪い(グレードが高い)ほど高くなると考えられます。このような微小転移は薬物療法である程度消し去ることができることがわかっています。つまり,手術に加えて薬物療法を行うと治癒する可能性が高まります。

用いられる薬物には,抗がん剤,ホルモン剤,トラスツズマブ(商品名 ハーセプチン)などがあります。

さらに,手術の後に,手術をした領域やリンパ節領域に放射線療法を行うと,放射線療法を行わなかった場合に比べて,局所(手術をした場所やその周辺)での再発が減ることがわかっています。局所での再発率が高いと予測される場合は,放射線療法を行うことが推奨されており,このことがひいては後の遠隔転移を減らす,すなわち治癒する可能性を高めることがわかっています。

遠隔転移の治療

遠隔転移や切除できない病巣がある乳がん患者さんの治療は,「遠隔転移の治療」として,「初期治療」と区別して考えます。遠隔転移がある乳がん患者さんは,治療による治癒がほとんど望めないのが現状です。「遠隔転移の治療」では,治癒よりも,「延命(生きている期間を延ばすこと)」と「QOL(生活の質)の維持」を目指すことになります。

「転移・再発の治療」には薬物療法,手術,放射線療法などがありますが,延命効果を期待できる治療は薬物療法のみです。ただし,病気のために痛みなどの症状が出てQOLが落ちていたり,QOLを落とす症状が出始めている場合で,かつ手術や放射線療法でそういった症状の軽減や予防ができそうな場合は,QOLの維持のために,手術や放射線療法をお勧めすることになります。しかし,あくまで,「転移・再発の治療」の主体は薬物療法です。

ガイドライン

PAGETOP