Q16.初期治療には,どのくらいの治療費がかかりますか。

【A】初期治療にかかる費用は,治療の内容や組み合わせ方によって異なります。
これから受ける治療の内容を医師に確認し,事前に,だいたいの治療費を把握しておくと安心です。詳細に関しては,かかっている医療機関でお尋ねください。

治療内容と治療費 ▶初期治療費の目安

解説

治療内容と治療費

乳がんの治療は,手術や放射線療法といった「局所治療」と,抗がん剤やホルモン剤,トラスツズマブ(商品名 ハーセプチン)などの薬を使った「全身治療」を組み合わせて行います(☞Q14参照)。一人ひとりの病状に応じて,治療の組み合わせと順番は異なりますので,まずはこれから受ける治療の流れと内容を医師に確認してみましょう。

それに基づいて,治療前に,だいたいの治療費を把握しておくことができます。公的保険制度により,診療報酬点数から計算された治療費の3割(70歳以上は1~3割)を病院の窓口で支払うことになります。

初期治療費の目安

初期治療の例と大まかな費用の目安です。このほかに,必要に応じて検査の費用が別途かかります。また,病院の規模や設備によっても治療費に多少の違いがありますので,個々の詳細な費用については病院の会計窓口(医事課)で確認してください。なお,治療費が高額になる場合は,高額療養費制度を利用したり(☞Q63-1参照),薬の治療ではジェネリック医薬品(特許が切れた医薬品を他の会社が製造した後発医薬品のことで,価格がブランド品よりも安い)を検討したりすることもできます。

(1)入院と手術
《入院7日間・センチネルリンパ節生検・温存手術腋窩リンパ節郭清なしの場合》 総額およそ75万円・実際に支払う金額(3割負担の場合)23万円
《入院14日間・乳房切除術・腋窩リンパ節郭清ありの場合》 総額およそ100万円・実際に支払う金額(3割負担の場合)30万円

乳房温存手術と切除術,リンパ節郭清(かくせい)の有無,乳房再建の有無(☞Q24参照)によって,治療費に多少の差があります。なお,公的保険が適用されない入院中の食事代や差額ベッド代などの諸費用は別にかかります。

(2)放射線療法
《放射線療法(温存手術後25回照射の場合)》 総額およそ47万~70万円・実際に支払う金額(3割負担の場合)14万~21万円

週5日,5週間の治療を行う場合,毎回の支払い額は,およそ5,000~8,000円(初回は管理費など,およそ1.0万~1.6万円が加算)となります。場合によって,追加照射することがあります(☞Q31参照)。

(3)ホルモン療法(内分泌療法)
閉経前 《LH-RHアゴニスト製剤・皮下注射(リュープリン12週ごと1年間の場合)》 総額およそ29万円・実際に支払う金額(3割負担の場合)8.8万円 *1回の支払い:およそ2.2万円
  《LH-RHアゴニスト製剤・皮下注射(ゾラデックス4週ごと1年間の場合)》 総額およそ47万円・実際に支払う金額(3割負担の場合)14万円*1回の支払い:およそ1.2万円
 閉経前・後  《抗エストロゲン薬・飲み薬(ノルバデックス1年間内服の場合)》  総額およそ12万円・実際に支払う金額(3割負担の場合)3.5万円
 閉経後  《アロマターゼ阻害薬・飲み薬(アリミデックス1年間内服の場合)》  総額およそ18万円・実際に支払う金額(3割負担の場合)5.4万円

閉経前と閉経後では,治療に使うホルモン剤が異なり,投与期間は2~10年となります(☞Q51参照)。どの薬を何年続けるかで治療費は変わります。抗エストロゲン薬やアロマターゼ阻害薬の一部では,ジェネリック医薬品も多く出ていて,薬価に差があります。

(4)化学療法(抗がん剤治療) 〈身長160cm,体重50kgの方の場合〉
《AC療法(3週ごと4回)》 総額およそ13万円・実際に支払う金額(3割負担の場合)4万円  *1回の支払い:およそ1万円
《TC療法(3週ごと4回)》 総額およそ47万円・実際に支払う金額(3割負担の場合)14万円 *1回の支払い:およそ3.5万円
《FEC療法(3週ごと6回)》 総額およそ53万円・実際に支払う金額(3割負担の場合)16万円 *1回の支払い:およそ2.6万円
《3週毎ドセタキセル(3週ごと4回)》 総額およそ47万円・実際に支払う金額(3割負担の場合)14万円 *1回の支払い:およそ3.5万円
《毎週パクリタキセル(毎週12回)》 総額およそ68万円・実際に支払う金額(3割負担の場合)20万円 *1回の支払い:およそ1.6万円

化学療法はいくつかの抗がん剤を組み合わせて行い,その投与量は体重と身長から計算される体表面積によって異なります(☞Q46参照)。上記治療費には,吐き気止め薬剤や外来化学療法料などの諸費用を1万円として加算してあります。

(5)分子標的治療 〈体重50kgの方の場合〉
《3週毎トラスツズマブ(3週ごと18回)》 総額およそ216万円・実際に支払う金額(3割負担の場合)65万円 *初回の支払い4.7万円 2回目以降3.5万円

投与量は体重によって算出されます。初回は,2回目以降より投与量が多くなります。また,施設によっては,副作用の出方などを確認するために入院して行うこともあります。この場合,3日ぐらいの入院費が別にかかります。

ガイドライン

PAGETOP