Q51.ホルモン療法(内分泌療法)は,何をどれくらい行えばよいのでしょうか。

【A】手術後のホルモン療法は,閉経前では抗エストロゲン薬(5年)に,場合によりLH-RHアゴニスト製剤(2~5年)を併用します。閉経後ではアロマターゼ阻害薬もしくは抗エストロゲン薬(5年)を用います。場合によっては10年のホルモン療法を考慮します。進行・再発乳がんでは,原則として効果がある間はホルモン療法を続けます。

閉経前 ▶閉経後 ▶遠隔転移後

解説

ホルモン療法は,エストロゲンを取り込んで増殖する性質がある乳がん(ホルモン受容体陽性乳がん)に効果があります。手術後に実施することで,再発を予防する効果が期待でき,進行・再発乳がんでは進行を抑える効果が期待できます。

抗エストロゲン薬のタモキシフェン(商品名 ノルバデックス)は,閉経前・後に関係なく用いますが,LH-RHアゴニスト製剤は閉経前に,アロマターゼ阻害薬は閉経後に使用します(☞Q50参照)。

閉経とは,年齢が60歳以上か,45歳以上で過去1年以上月経がない場合,あるいは両側の卵巣を摘出している場合のことをいいます。それ以外で,閉経しているかどうかわからない場合は,血液中のエストロゲンと卵胞刺激ホルモンを測定して判断します。

閉経前

タモキシフェンを5年間服用すると,再発の危険性を半分近くに減らすことができます。さらなる投与により再発を減らすことが期待される場合には,副作用との兼ね合いを考えてさらに5年間,計10年間の服用を検討します。

また,卵巣でエストロゲンがつくられるのを抑えるためにLH-RHアゴニスト製剤を1カ月に1回または3カ月に1回(場合によっては6カ月に1回),2~5年間皮下に注射することで,さらに再発を減らすことが期待される場合があります。

閉経後

アンドロゲンからエストロゲンをつくるアロマターゼの働きを阻害するアロマターゼ阻害薬を使います。アロマターゼ阻害薬には,アナストロゾール(商品名 アリミデックス),レトロゾール(商品名 フェマーラ),エキセメスタン(商品名 アロマシン)の3種類(いずれも内服薬)があります。この3種類の薬の効果は,ほとんど同じとされています。

アロマターゼ阻害薬を手術後5年間服用すると,タモキシフェンを5年間服用するのと比べて,再発する可能性を5年間で数%改善させます。また,タモキシフェンを2~3年間服用している患者さんが,途中でアロマターゼ阻害薬に変更し合計5年間服用する方法や,タモキシフェンを5年間服用後にアロマターゼ阻害薬に変更して2~5年服用する方法も有効です。アロマターゼ阻害薬の副作用(☞Q52参照)が問題となる場合には,タモキシフェンを使います。

遠隔転移後

遠隔転移のある患者さんには,閉経前では,LH-RHアゴニスト製剤とタモキシフェンの内服を同時に行います。効果が続いている限り,同じ治療を続けます。一方,閉経後では,まずアロマターゼ阻害薬を使います。アロマターゼ阻害薬の効果がなくなった場合には,多くの場合,フルベストラント(商品名 フェソロデックス)を使います。アロマターゼ阻害薬やフルベストラントの効果がなくなってきたときのホルモン療法としては,タモキシフェンや酢酸メドロキシプロゲステロン(商品名 ヒスロンH)などを使用します。

表1 閉経前と閉経後の主なホルモン剤

分類 一般名 薬の働き
閉経前 LH-RHアゴニスト製剤 酢酸リュープロレリン 卵巣でのエストロゲン合成を抑える。
酢酸ゴセレリン
閉経前

閉経後

抗エストロゲン薬 タモキシフェン エストロゲン受容体をふさいでエストロゲンが乳がん細胞に作用するのを妨げる。
トレミフェン
黄体ホルモン薬 酢酸メドロキシプロゲステロン 間接的に女性ホルモンの働きを抑制する。
閉経後 アロマターゼ阻害薬 アナストロゾール アンドロゲンをエストロゲンに変換するアロマターゼを阻害する。
エキセメスタン
レトロゾール
抗エストロゲン薬 フルベストラント エストロゲン受容体を分解して,エストロゲンが乳がん細胞に作用するのを妨げる。

ガイドライン

PAGETOP