学会編集出版物のご案内

  • HOME »
  • »
  • 学会編集出版物のご案内

その他お知らせ 学会編集出版物のご案内

乳癌診療ガイドライン1.治療編 2018年版

2018年5月16日刊行

内容説明

「薬物療法」「外科療法」「放射線療法」領域に関する臨床議題をバックグラウンドクエスチョン(BQ)・クリニカルクエスチョン(CQ)・フューチャーリサーチクエスチョン(FQ)に分類し、それぞれの科学的根拠、益と害のバランス、患者の希望の一貫性、経済的視点などを踏まえて最新の診療指針を明示。医師と患者のShared Decision Making実現を目指した。

金原出版 定価(本体5,000円+税)

乳癌診療ガイドライン2.疫学・診断編 2018年版

2018年5月16日刊行

内容説明

「疫学・予防」「検診・画像診断」「病理診断」に関する臨床議題をバックグラウンドクエスチョン(BQ)・クリニカルクエスチョン(CQ)・フューチャーリサーチクエスチョン(FQ)に分類し、それぞれの科学的根拠、益と害のバランス、患者の希望の一貫性、経済的視点などを踏まえて最新の診療指針を明示。医師と患者のShared Decision Making実現を目指した。

金原出版 定価(本体4,000円+税)

乳癌取扱い規約(第18版)

2018年5月16日刊行

内容説明

WHO分類(第4版)、UICC TNM分類(第8版)との整合性を図り、病理編を大幅改訂。組織型分類の変更、病理学的TNM分類の記載の追加、組織学的治療効果判定の図譜の追加などを行った。また、WHO分類との対応表や切除検体の病理学的記載事項のチェックリストなども新たに掲載し、利便性を向上。臨床編ではリンパ節、術式の名称などを変更した。

金原出版 定価(本体4,000円+税)

患者さんガイドライン2016_表紙
患者さんのための乳がん診療ガイドライン2016年版

2016年6月16日刊行

内容説明

納得のいく医療を受けるためには、患者さんが標準治療(=最善の治療)や診療方法について正しく理解したうえで、医師と相談し、ご自身に合った治療を選択することが重要です。日本乳癌学会は、乳がん患者さんやそのご家族が、いま知りたいことについて、正しい情報をわかりやすく得られるよう、本書を作成しました。最新の情報をもとに、患者さんからの計68の質問(Q)に対する回答(A)と解説を掲載しています。

金原出版 定価(本体2,300円+税)

患者さんガイドライン2016_目次
患者さんガイドライン2016_サンプルページ 

 乳腺腫瘍学COVER001
乳腺腫瘍学 第2版

2016年4月7日刊行

内容説明

乳腺専門医を目指す医師のためのテキスト。専門医を目指す医師のみならず、乳腺診療に携わる医師にも知識の整理に役立つ。「乳癌取扱い規約」「乳癌診療ガイドライン」と併用することでより深い理解を得られる。

金原出版 定価(本体7,400円+税)

 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.