厚労省・医学会等からの お知らせ

  • HOME »
  • »
  • 厚労省・医学会等からの お知らせ

その他お知らせ 厚労省・医学会等からのお知らせ

2019年07月04日

MID-NETの利活用に係る申出等の事務処理手続の取扱いについて(周知依頼)

独立行政法人医薬品医療機器総合機構レギュラトリーサイエンスセンター長より、MID-NETの利活用に係る申出等の事務処理手続の取扱いについて周知依頼がありました。
 
なお、PMDAの関連ページは下記の通りです。
 

MID-NETの利活用に係る申出等の事務処理手続の取扱いについて(周知依頼)
日本医学会宛 MID-NETの利活用に係る申出等の事務処理手続の取扱いについて(平成30年4月1日薬機レギ長発第0401001号) 

2019年07月02日

海外奨学制度 「リレー・フォー・ライフ(RFL)マイ・オンコロジー・ドリーム奨励賞」公募開始
米テキサス大MDアンダーソンがんセンターもしくはシカゴ大学医学部で1年間研修(日本対がん協会より周知依頼)

公益財団法人日本対がん協会は2019年7月1日付で、米国テキサス大学MDアンダーソンがんセンター(以下MDアンダーソン)もしくはシカゴ大学医学部(以下シカゴ大)において、1年間研修を受ける若手医師の公募を始めました。

このプログラムは、「RFLマイ・オンコロジー・ドリーム奨励賞」と名付けた奨学制度で、日本の臨床試験推進および地域がん医療の拡充に貢献できる若手医師の育成が目的です。
MDアンダーソンと同大の上野直人教授の協力とアドバイスのもとに、一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクトの支援を受けて、2010年度にスタートしました。

MDアンダーソンは開設以来78年余の歴史を有し、全米No.1と評されているがん専門医療施設です。
シカゴ大学医学部は、92年の歴史の中で、ノーベル医学・生理学賞を12人輩出した全米屈指の大学です。
いずれの施設も、基礎と臨床が融合した臨床研究を推進し、世界のがん医療を牽引しております。

本年度の募集人数は、MDアンダーソンに2人、シカゴ大は1人です。奨励金として1人250万円を支給します(渡航費を含む)

締め切りは2019年9月30日(消印有効)です。

運営の資金は、がん征圧・患者支援の「リレー・フォー・ライフ」に寄せられる寄付です。

がん患者・家族の方々の支援には、がん医療を充実させることが重要です。広い視野をもち、強いリーダーシップのもと患者・家族に寄り添える医師の養成が欠かせません。臨床試験の推進や、患者を中心とした医療システムのあり方など、米国で学んだことを日本の各地の実情に応じて工夫し、患者中心の、真にEBMに基づく医療を根付かせてほしい、そんな願いをこめています。

希望者は日本対がん協会またはリレー・フォー・ライフの公式ホームページから申請書をダウンロードし、必要事項を記入して、郵送してください。
お問い合わせは日本対がん協会(TEL:03-3541-4771、岡本・原)まで。

2019年05月30日

平成31年度版 死亡診断書(死体検案書)記入マニュアルの追補について(周知依頼)

平成31年4月26日付にて厚生労働省より、別添の通り、周知依頼がありました。 関連URLは下記の通りです。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/manual/

平成31年度版 死亡診断書(死体検案書)記入マニュアルの追補について(周知依頼)
平成31年度版 死亡診断書(死体検案書)記入マニュアルの追補について(追補該当箇所)


「医師による異状死体の届出の徹底について」(平成31年2月8日付医政医発0208第3号厚生労働省医政局医事課長通知)に関する質疑応答集(Q&A)について(周知依頼)

平成31年4月26日付にて厚生労働省より、別添の通り、周知依頼がありました。 詳細は下記pdfをご覧ください。

「医師による異状死体の届出の徹底について」(平成31年2月8日付医政医発0208第3号厚生労働省医政局医事課長通知)に関する質疑応答集(Q&A)について(周知依頼)
「医師による異状死体の届出の徹底について」に関する質疑応答集(Q&A)

2019年05月21日

医薬品の「使用上の注意」の改訂及び安全性速報の配布等について

日頃より本学会の活動にご支援ご協力いただき誠にありがとうございます。
厚生労働省医薬・生活衛生局医薬安全対策課より『医薬品の「使用上の注意」の改訂及び安全性速報の配布等について』ご案内が参りましたのでお知らせいたします。 つきましてはこちらをご参照ください。

2019年03月08日

<「遺伝子治療等臨床研究に関する指針」の全部改正について(周知依頼)>

平成31年2月28日付にて、厚生労働省大臣官房厚生科学課長より、別添の通り、「遺伝子治療等臨床研究に関する指針」の全部改正について周知依頼がありました。 関連URLは下記の通りです。 https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/hourei/H190301E0040.pdf

「遺伝子治療等臨床研究に関する指針」の全部改訂について(周知依頼) 
「遺伝子治療等臨床研究に関する指針」の全部改正について(日本医学会宛依頼状 厚生労働省)  
遺伝子治療等臨床研究に関する指針  

2018年10月24日

臨床研究委員会より
臨床研究法に関するお知らせを掲載しました。

<臨床研究法に関するお知らせ>

日本乳癌学会
倫理委員会
臨床研究委員会

日本乳癌学会会員各位

臨床研究法の対象となる臨床研究等の事例集について(その1)および臨床研究法の施行等に関するQ&Aについて(その5)、厚生労働省医政局研究開発振興課より連絡がありました。臨床研究に携われている方はご覧ください。

・臨床研究法の対象となる臨床研究等の事例集について(その1) 
・臨床研究法の施1テ等に関するQ&Aについて(その5)  

関連URLは下記の通りです.
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000163417.html
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000163417.html

2018年08月01日

<臨床研究法の施行等に関するQ&Aについて(その4)(周知依頼)>

臨床研究法の施行等に関するQ&Aについて(その4)につきまして,厚生労働省医政局研究開発振興課より事務連絡がありました.詳細は下記ファイルをご覧下さい.
臨床研究法の施行等に関するQ&Aについて(その4) 

関連URLは下記の通りです.
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000163417.html

2018年06月19日

<2018年度教育セミナー・認定医試験の申込について(日本がん治療認定機構より周知依頼)>

「2018年度教育セミナー・認定医試験の申込」を本日6月18日より開始いたしました(7月25日締切)
詳細は下記よりご確認ください。
http://www.jbct.jp/index.html

2018年05月25日

<乳がん検診における「高濃度乳房」への対応について(周知依頼)>

乳がん住民検診における「高濃度乳房」への対応について 
     *市町村等ががん検診の受診者に対し乳房の構成を通知する際に留意すべき内容が取りまとめられました

2018年05月23日
 
<臨床研究法の施行等に関するQ&Aについて(その3)(周知依頼)>
 

臨床研究法の施行等に関するQ&Aについて(その3)につきまして,厚生労働省医政局研究開発振興課より事務連絡がありました.詳細は下記ファイルをご覧下さい.
臨床研究法の施行等に関するQ&Aについて(その3) 

関連URLは下記の通りです.
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000163417.html

 

2018年04月16日

<「臨床研究法施行規則の施行等について」の正誤について(周知依頼)>

「臨床研究法施行規則の施行等について」の正誤につきまして,厚生労働省医政局研究開発振興課より事務連絡がありました.詳細は下記ファイルをご覧下さい.
「臨床研究法施行規則の施行等について」の正誤について 
・  臨床研究法施行規則の施行等について 

 なお,関連URLは下記の通りです.
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000163417.html

<臨床研究法の施行等に関するQ&Aについて(その2)(周知依頼)>

臨床研究法の施行等に関するQ&Aについて(その2)につきまして,厚生労働省医政局研究開発振興課より事務連絡がありました.詳細は下記ファイルをご覧下さい.
臨床研究法の施行等に関するQ&Aについて(その2) 

 なお,関連URLは下記の通りです.
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000163417.html/p>

<臨床研究法の統一書式について(周知依頼)>

臨床研究法の統一書式につきまして,厚生労働省医政局研究開発振興課より事務連絡がありました.詳細は添付ファイルをご覧下さい.
臨床研究法の統一書式について 

 なお,関連URLは下記の通りです.
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000163417.html

 

2017年04月18日

一般財団法人東京顕微鏡院 顕彰制度「遠山椿吉記念 健康予防医療賞」募集のお知らせ

予防医療の領域において、ひとびとの危険を除き、命を守るために、先駆的かつグローバルな視点で優秀な業績をあげた個人または研究グループを表彰する「遠山椿吉記念 健康予防医療賞」の募集を本年4月1日より開始いたします。

平成29年度は将来の予防医療のテーマに先見的に着手したものを重点課題とします。

たとえば、「近い将来の健康診査の方法論を変えるようなもの」「健康診査の受診の機会を高め、医療経済面での効果がみられ、健康診査の精度向上に資するもの」、「認知症の予防と進行の遅延に関する研究など、超高齢社会構造における予防医療に関するもの」、「公衆衛生の発展、疫学研究に資するもの」、「こころの健康づくりにおける研究」、「性差医療に関するもの」などです。

*  対    象:日本を拠点に活動する個人の研究者または研究グループ
*  応募書類:所定の応募・推薦用紙、受賞候補者略歴、業績一覧、原著論文
*  応募期間:平成29年4月1日より6月30日(消印有効)
*  副    賞:賞金100万円 山田和江賞:50万円。

尚、平成27年度より、優秀な研究成果をあげており、これからの可能性が期待できる50歳未満の応募者に対し、研究の更なる発展を奨励することを目的として、山田和江賞を設け、顕彰することとなりました。

(遠山椿吉賞ページ)
http://www.kenko-kenbi.or.jp/koueki/koueki-chinkichi/

(プレスリリース)
http://www.kenko-kenbi.or.jp/uploads/20170228_pressrelease.pdf

(ご案内)
http://www.kenko-kenbi.or.jp/uploads/tooyama2017_guide.pdf

 

2016年07月12日

日本外科学会による「若手外科医のための臨床研究助成」のお知らせ

現在、日本外科学会では、標記助成について募集中です。
締め切りは7月末ですが、40歳未満の外科医を対象に100万円の助成が行われます。
詳しくは外科学会HP「発行雑誌・教育・研究」の「臨床研究助成」をご覧下さい。

外科学会HP:https://www.jssoc.or.jp/journal/cipa/info.html

 

2016年06月22日
周知事項(がん治療認定医機構より)
2016年度 教育セミナー・認定医試験について
2016年度 「セミナー聴講」について

 

2016年02月04日 
情報提供(厚生労働省より)がん登録に関する情報提供について pdf

 

2015年12月09日
がん治療認定医「緩和ケア研修会修了」の必須化について

 

2015年08月28日
周知事項(日本医学会より)「遺伝子治療等臨床研究に関する指針」について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/kenkyujigyou/i-kenkyu/

 

2015年01月20日
HER2検査ガイド第四版の掲載pdf

 

2015年01月19日

周知事項(厚生労働省より)オンコプラスティックサージャリー学会に届いたインプラントの有害事象報告のお知らせを掲載しました。pdf

 

2015年01月05日
周知事項(厚生労働省より)「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の公布について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/kenkyujigyou/i-kenkyu/index.html

 

2014年12月18日
NCD:2014年の外科系症例の入力締切日についてのご案内pdf

 

2014年12月10日
日本医学会から薬事戦略相談に関する実施要綱の一部改正について(周知依頼)がありました。
薬事戦略相談に関する実施要綱の一部改正について周知依頼 pdf 
独立行政法人医薬品医療機器総合機構からの依頼状 pdf

 

2014年11月26日
厚生労働科学研究(がん政策研究)の「わが国における遺伝性乳癌卵巣癌の臨床遺伝学的特徴の解明と遺伝子情報を用いた生命予後の改善に関する研究」研究班では、2014年12月20日に一般向け発表会を予定しています。
申込フォームなど下記ホームページから参照してください。
http://www.jfcr.or.jp/hospital/lecture/3391.html

 

2014年11月13日
再生医療安全性確保の法律に関して―乳房再建の際の脂肪肝細胞移植等が関連します。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/saisei_iryou/index.html

 

2014年07月02日
日本がん治療認定医機構より、2014年度教育セミナー・認定医試験の申込が開始となりましたので
お知らせいたします。(下記サイトよりお申込ください。)
http://www.jbct.jp/sys_auth_app14.html#proc1

 

2014年03月04日掲載

日本医学会から「消費税率変更に伴う対面助言等の手数料額改定について」周知依頼がありました。
http://www.pmda.go.jp/operations/shonin/info/fee.html pdf

 

2014年01月28日掲載
日本医学会から「疫学研究に関する倫理指針」及び「臨床研究に関する倫理指針」の遵守について(周知依頼)

 

2013年12月03日掲載

乳がんによる乳房切除後の乳房再建で保険適用(ナトレル410ブレストインプラント)

 

医療機器の保険適用について

 

新たに設定された組織拡張器及び人工乳房の施設基準に係る届出の取扱いについて

 

2013年11月01日掲載
日本医学会から「献血血液の研究開発等での使用に関する指針」に基づく公募の実施について(周知依頼)

 

2013年10月18日掲載
高血圧症治療薬の臨床研究事案を踏まえた対応及び再発防止策について(中間とりまとめ)(周知依頼)pdf

 

2013年10月07日掲載
生体内の圧力の計量単位に係る計量単位令の改正について

 

生体内の圧力の計量単位に係る計量単位令の改正について
 計量法上の水銀柱メートル及び水柱メートルに係る計量単位令の改正について

 

国家検定制度改正のお知らせについて

 

国家検定制度改正のお知らせについて
 国家検定制度改正(検定合格証紙の廃止)のお知らせ

 

ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針の改正等について

 

2013年08月18日掲載
日本医学会から医療機器の不具合等報告の症例の公表および活用について(周知依頼)

 

2012年08月10日掲載
厚生労働省「献血血液の研究開発等での使用に関する指針」について(周知依頼)

 

2012年4月11日掲載
厚生労働省「平成24年度日本主導型グローバル臨床研究体制整備事業の実施」について(周知依頼)

 

2012年4月10日掲載
厚生労働省「臨床研究・治験活性化5か年計画2012」について(周知依頼)

 

2012年3月30日掲載
厚生労働省 「臨床研究に関する倫理指針」(周知徹底の依頼)

 

2012年3月26日掲載
厚生労働省「輸血療法の実施に関する指針」及び「血液製剤の使用指針」の一部改正について(周知依頼)

 

2012年1月30日掲載
厚生労働省 「ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針」(周知徹底の依頼)

 

2012年1月27日掲載
日本糖尿病学会より「日常臨床及び特定健診・保険指導におけるHbA1C国際標準化基本方針及びHbA1C表記の運用指針」について pdf

 

2009年9月15日掲載
HER2検査・判定の変更のお知らせ-ASCO/CAP ガイドラインの準拠に関して-

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.