班研究・研究奨励賞 報告

日本乳癌学会班研究
年度  班長  班研究課題  Breast Cancer誌への掲載論文
1995-1996  第1回班長:池田 正  「乳房温存療法の適応除外因子の検討」  Surgical Margin Status as a Cause of Local Failure after Breast Conserving Therapy. Ikeda T, Akiyama F, Hiraoka M, Inaji H, Ohuchi N, Takatsuka Y, Yoshimoto M. Breast Cancer. 1999;6(2):93-97.
1995-1996  第1回班長:長村義之  「乳癌の新しい予後因子の研究」  Prognostic Factors for Node-negative Breast Cancers: Results of a Study Program by the Japanese Breast Cancer Society. Umemura S, Komaki K, Noguchi S, Shiba E, Toi M, Kimijima I I, Itoh H,
1996-1997  第2回班長:大川智彦   「乳房温存療法における手術術式に対応した乳房照射法確立に関する研究」   未掲載
1997-1998  第3回班長:大内憲明   「非浸潤癌(DCIS)の組織学的ならびに生物学的特性に関する研究」   A proposal for the histopathological diagnosis of ductal carcinoma in situ of the breast. Moriya T, Kasami M, Akiyama F, Ichihara S, Kurosumi M, Tsuda H, Umemura S, Akashi-Tanaka S, Imamura H 
1998-1999  第4回 班長:野口昌邦  「腋窩リンパ節転移を予測する因子に関する研究-画像診断、分子生物学的因子等からの ( ) アプローチ-」  Clinical and pathologic factors predicting axillary lymph node involvement in breast cancer.  Noguchi M, Kurosumi M, Iwata H, Miyauchi M, Ohta M, Imoto S, Motomura K, Sato K, Tsugawa K. Breast
1999-2000  第5回班長:下妻晃二郎  「乳癌に対するQOL調査・解析のガイドライン作成に関する研究」  Systematic overview of quality of life studies for breast cancer.  Shimoz ( ) uma K, Okamoto T, Katsumata N, Koike M, Tanaka K, Osumi S, Saito M, Shikama N, Watanabe T, Mitsumori M, Yamauchi
2000-2001 第6回班長:玉木康博   「乳管内進展の三次元画像による診断」  3D imaging of intraductal spread of breast cancer and its clinical application for nav ” igation surgery. Tamaki Y, Akashi-Tanaka S, Ishida T, Uematsu T, Sawai Y, Kusama M, Nakamura S, Hisamatsu K, 
2001-2002  第7回班長:紅林淳一   「腫瘍マーカーによる進行・再発乳癌の治療効果判定に関する研究」  Significance of serum carcinoembryonic antigen and CA 15-3 in monitoring ( ) advanced breast cancer patients treated with systemic therapy: a large-scale retrospective study. Kurebayashi J, Yamamoto
 2002-2003  第8回班長:沢井清司   「乳房温存療法の切除範囲と術後の整容性に関する研究」   未掲載
2003-2004  第9回班長:梅村しのぶ  「適切なホルモンレセプター検索に関する研究― ホルモンレセプター検索方法、材料の取り 扱い、判定基準について―」  Immunohistochemical evaluation for hormone receptors in breast cancer: a practically useful evaluation system and handling protocol. Umemura S, Kurosumi M, Moriya T, Oyama T, Arihiro K,
2004-2005  第10回班長:三好康雄  「化学療法感受性予測因子の開発に関する研究」  Predictive factors for anthracycline-based chemotherapy for human breast cancer. Miyoshi Y, Kurosumi M, Kurebayashi J, Matsuura N, Takahashi M, Tokunaga E, Egawa C, Masuda N, Kono S,
2005-2006  第11回班長:光森通英  「乳癌脳転移の最適な診断および治療法の確立に関する研究」  未掲載
2006-2007  第12回 班長:北村 薫  「リンパ浮腫の実態調査と治療・予防のガイドラインの作成」  未掲載
2007-2008  第13回班長:岩瀬弘敬  「Triple negative(ER 陰性、PgR 陰性、HER2陰性)乳癌の生物学的特徴と治療法に関する研 究」 Clinicopathological analyses of triple negative breast cancer using surveillance data from the Registration Committee of the Japanese Breast Cancer Society. Iwase H, Kurebayashi J, Tsuda H,
2008-2009  第14回班長:向井博文  「乳癌術前化学療法の病理学的効果判定基準の妥当性に関する研究」  未掲載
2009-2010  第15回班長:片岡明美  「若年性乳癌の特徴とサバイバーシップに関する研究」 Clinicopathological features of young patients (<35 years of age) with breast cancer in a Japanese Breast Cancer Society supported study. Kataoka A, Tokunaga E, Masuda N, Shien T, Kawabata K,
2010-2011  第16回班長 : 中村清吾  「我が国における遺伝性乳癌患者及び未発症者への対策に関する研究」 未掲載
2011-2012  第17回班長 : 石飛真人   「乳房内再発患者の予後規定因子に関する分子生物学的研究」 Repeat lumpectomy for ipsilateral breast tumor recurrence (IBTR) after breast-conserving surgery: the impact of radiotherapy on second IBTR. Ishitobi M, Okumura Y, Nishimura R, Nakatsukasa K,
2012-2013  第18回班長 : 森谷卓也  「Ki-67の測定評価法の標準化に関する研究」  未掲載
2013-2014  第19回班長:山下啓子  「晩期再発乳癌の生物学的特徴と予測因子に関する研究」  未掲載
2014-2015 第20回班長:井本滋  「センチネルリンパ節転移陽性乳癌における腋窩治療の最適化に関する研究」   Trends in axillary treatment for breast cancer patients undergoing sentinel lymph node biopsy as determined by a questionnaire from the Japanese Breast Cancer Society.  Imoto S, Yamauchi C, Komoike Y, Tsugaka K, Yotsumoto D, Wada N, Ueno T, Oba M, Shien T, Sugae S, Tsuda H, Yoneyama K,
2015-2016  第21回班長:杉江知治  「乳癌における腫瘍浸潤リンパ球の臨床病理学的研究」  
2016-2017  第22回班長:田口哲也  「日本人乳癌患者のBone Healthに関する研究」  
研究奨励賞
1995年  1回  戸井雅和  東京都立駒込病院 外科  Association of Vascular Endothelial Growth Factor Expression with Tumor Angiogenesis and with Eariy Relapse in Primary Breast Cancer.
野口眞三郎 大阪府立大阪成人病センター 外科 Clonal Analysis of Predominantly Intraductal Carcinoma and Precancerous Lesions of the Breast by Means of Polymerase Chain Reaction.Cancer Res 54:1849-1853,1994.
山下純一 福岡大学 第2外科 Immunoreactive Hepatocyte Growth Factor Is a Strong and Independent Predictor of Recurrence and Survival in Human Breast Cancer.
1996年  2回  紅林淳一  川崎医科大学 内分泌外科  A new human breast cancer cell line.KPL-1 secretes tumour-associated antigens and grows rapidly in female athymic nude mice.British Journal of Cancer 71:845-853,1995.
元村和由 大阪府立成人病センター 外科 Pre-operative detection of c-erbB-2 gene amplification as a predictor of local recurrence after conservative treastment for breast carcinoma.Oncology Reports 2:563~566,1995.
1997年  3回  岩田広治  名古屋市立大学医学部 第2外科  Production of Matrix Metalloproteinases and Tissue Inhibitors of Metalloproteinases in Human Breast Carcinomas
内海俊明 藤田保健衛生大学 外科 Presence of Alternatively Spliced Transcripts of Aromatase Gene in Human Breast Cancer
蒔田益次郎 ブレストピアなんば病院 外科 異常乳頭分泌症例における乳管内病変の内視鏡診断-乳管内視鏡分類について-
1998年  4回  今村 洋  東京女子医科大学附属第二病院 外科  MIB1-determined Proliferative Activity in Intraductal Components and Prognosis of Invasive Ductal Breast Carcinoma
上野浩久 金沢大学医学部 産婦人科 Expression and Tissue Localization of Membrane-Types 1,2,and 3 Matrix Metalloproteinases in Human Invasive Breast Carcinomas
1999年  5回  明石定子  国立がんセンター中央病院 外科  Diagnostic value of contrast-enhanced computed tomography for diagnosing the intraductal component of breast cancer
小山徹也 群馬大学医学部 第2病理 Frequent Overexpression of the Cyclin D1 Oncogene in Invasive Lobular Carcinoma of the Breast
後藤孝彦 広島大学原医研 予防腫瘍研究分野 Chemoprevention of N-Nitroso-N-methylurea-induced Rat Mammary Cancer by Miso and Tamoxifen,Alone and in Combination
佐藤一彦 防衛医科大学校 第1外科 Efficacy and Significance of Sentinel Lymph Node Identification with Technetium-99m-Labeled Tin Colloids for Breast Cancer.Breast Cancer 5:389-393,1998.
2000年  6回 太田智彦  聖マリアンナ医科大学 外科  乳癌における細胞周期制御とユビキチン依存性タンパク質分解
遠山竜也 名古屋市立大学医学部 第2外科 乳癌における遺伝子異常
森谷卓也 東北大学医学部附属病院 病理部 非浸潤性乳管癌および境界悪性病変に関する病理学的検討
2001年  7回  歌田貴仁  東京女子医科大学附属第二病院 外科  乳癌の予後DNA診断
武井寛幸 群馬大学医学部 第2外科 乳癌微小転移形成における癌浸潤部間質の役割―血管新生を指標とした免疫組織化学的検討―
増田慎三 大阪大学大学院医学系研究科 病態制御外科 乳癌における腋窩リンパ節微小転移検出の臨床的意義の検討
2002年   8回 大竹 徹  福島県立医科大学 第2外科  乳管腺葉系のコンピューター支援下3次元再構築による乳癌乳管内進展の病理学的研究
大本陽子 埼玉県立がんセンター研究室 内分泌部門 乳癌におけるエストロゲンレセプターの発現とホルモン依存性の機能解析
平野 明 東京女子医科大学附属第二病院 外科 乳癌の遺伝子解析および診断
2003年  9回  柄川千代美   大阪大学医学部 腫瘍外科  BRCA1,BRCA2 mRNA の定量的解析による乳癌の予後および薬剤感受性の診断
 橋詰倫太郎  聖マリアンナ医科大学 乳腺・内分泌外科   BRCA1-BARD1ヘテロ二量体によるBARD1の安定化機構の解明
 山下啓子   名古屋市立大学大学院 医学研究科 腫瘍免疫外科学  エストロゲンレセプター陽性乳癌における転写因子Stat5の役割の解析
2004年  10回  佐治重衡  東京都立駒込病院 乳腺外科   Estrogen Receptor βの乳腺、乳癌における機能を利用した植物性エストロゲン類似リガンドによるchemopreventionの開発
鈴木 貴   東北大学大学院 医学系研究科医科学専攻 病理学講座病理診断学分野  ヒト乳癌組織におけるエストロゲン局所合成酵素の発現意義
高橋將人  北海道大学病院 第1外科    乳癌発癌機構と悪性度獲得に関与するp53およびp53関連遺伝子の機能解析
2005年  11回 久保 真   九州大学大学院医学研究院 外科学講座腫瘍制御学  乳癌に対する新たな治療標的:Hedgehogシグナル伝達系
小泉恭子   大阪府立成人病センター研究所  網羅的遺伝子発現解析による乳癌のドセタキセル効果予測診断法の開発
島津研三    大阪厚生年金病院 乳腺・内分泌外科  乳癌のセンチネルリンパ節生検におけるradiotracerの至適投与部位と術前化学療法施行症例への適応拡大に関する研究
2006年  12回 相原智彦   関西労災病院 外科  センチネルリンパ節の転移診断法に関する研究
徳永えり子   九州大学病院 第2外科  乳癌のホルモン治療感受性規定因子に関する研究
張 震寰   熊本大学大学院 医学薬学研究部 乳腺内分泌外科  乳癌のホルモン依存症における転写共役因子の役割
2007年  13回 白川一男   埼玉医科大学総合医療センター 外科  炎症性乳癌におけるリンパ血管擬態
2008年 14回 枝園忠彦  岡山大学附属病院 腫瘍・胸部外科   術前化学療法の効果判定診断に関する研究:病理効果判定およびCTによる画像効果判定
堀井理絵    癌研究会有明病院 病理部  乳癌薬物療法に関する病理組織学的研究
森谷鈴子   名古屋医療センター 研究検査科  良悪鑑別が問題となる乳腺硬化性病変に関する臨床病理学的検討及び鑑別に有用な免疫染色パネルの検討
2009年 15回 喜島祐子    鹿児島大学病院 乳腺・内分泌外科  乳房温存術時の遊離真皮脂肪片移植法の有用性
 向井博文   国立がんセンター東病院  化学療法科 乳癌術前化学療法に関する研究
2010年 16回 石飛真人    大阪府立成人病センター 乳腺・内分泌外科  日本人乳癌の新たな罹患リスク因子および予後因子に関する研究
河合賢朗    東北大学大学院 医学系研究科 腫瘍外科学  ナノバイオマテリアルによる新規薬物治療の開発並びに乳癌罹患リスク乳癌健診に関する疫学的検討
2011年 17回 川崎朋範  山梨大学医学部 人体病理学講座   Neuroendocrine ductal carcinoma in situ(NE-DCIS)of the breast-a distinct variant of DCIS with characteristic clinicopathological features and a pre-invasive counter-part of breast neuroendocrine tumors(NETs) 
三木康宏   東北大学歯学部 口腔病理学分野   乳癌組織におけるaromatase発現調節機構の解明
直居靖人  大阪大学大学院医学系研究科 外科学講座 乳腺・内分泌外科   DNAマイクロアレイを用いた乳癌の予後予測法および化学療法効果予測法の開発 
2012年 18回 吉本信保   名古屋市立大学大学院 医学研究科  エストロゲンレセプター陽性乳癌の発症メカニズムと生物学的特性に関する研 究 
大迫 智  (公財)がん研究会有明病院 病理部   リンパ節転移診断への分子生物学的手法の導入による乳癌個別化医療に向けた研究 
2013年 19回 甲斐千晴    慶応大学医学部先端医科学研究所/The University of Texas MD Anderson  トリプルネガティブ乳癌マウスモデルを用いた癌幹細胞特性の解明と新規治療開発
玉城研太郎   那覇西クリニック  生物学的・病理組織学的根拠に基づいた乳腺画像診断研究
2014年 20回 指宿睦子  熊本大学医学部附属病院 乳腺外科   Luminal乳癌における包括的予後予測モジュールの開発 
新倉直樹   東海大学医学部 乳腺・内分泌  乳癌における治療方針に影響を及ぼすバイオマーカーの検討 
林 直輝    聖路加国際病院 乳腺外科  転移乳癌におけるliquid biopsyの臨床的意義に関する研究
2015年 21回 上田重人   埼玉医科大学国際医療センター乳腺腫瘍科  近赤外線スペクトロスコピーを用いた腫瘍血管・低酸素を標的とした乳がんイメージングの臨床応用
岩本高行   岡山大学病院 乳腺・内分泌外科  cDNAマイクロアレイによる乳がん患者さんへの貢献を目標にして 
増田紘子  大阪医医療センター 外科    術前化学療法治療抵抗性トリプルネガティブ乳がんの検討、target therapyの探求、術前化学療法における効果予測因子、サブタイプ別の治療効果予測の検討
2016年 22回 小野麻紀子   National Cancer Center,CTEP/がん研有明病院総合腫瘍科  乳がんのバイオマーカーの探索
遠藤友美  名古屋市立大学病院乳腺内分泌外科    エストロゲンレセプター陽性乳癌の生物学的特性に関与するmicroRNAとその標的遺伝子の解析、本邦におけるHER2 activating mutationについての検討
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.