国際委員会 2015年お知らせ

 

第3回日本乳癌学会Japan Nightのご案内

SABCS会期中にJapan Nightを開催致します。 International Advisory Boardの先生方にお声をかけ、日本人のSABCSでの発表者との交流を目的としたカクテルパーティを企画いたしております。
また、Travel Grant の表彰式も併せて行います。 お時間がありましたら、当日会場までお越しください。

日 時:Wednesday, December 9, 2015
場 所:San Antonio Marriott Rivercenter Hotel ( 3rd Floor, Salon LM or JK)<
時 間:19:00 – 20:00 (scheduled)

Japan2015

↑クリックでPDF表示
会場案内図など上記PDFを参照してください。


日本乳癌学会第3回Travel Grant概要のご案内

このたび、日本乳癌学会国際委員会では、乳癌診療に携わる若手乳腺専門医が、積極的に海外に向けて研究成果を発信し、国際交流を深めるようになることを目的とし、今年度はSan Antonio Breast Cancer Symposiumでの発表者を対象に、Travel Grantを設けることを企画いたしました。募集要項は以下の如くです。

1.応募資格:応募時点で40歳未満の日本乳癌学会会員で、以下の要件を満たす者
(1) 現在、日本在住であること
(2) San Antonio Breast Cancer Symposiumでの口演もしくはポスター発表予定者であること

2.募集人数:3名
3.Grant内容:1人当たり10万円
4.応募締切日:2015年11月15日(日)
5.応募方法:下記メールアドレス宛て抄録を送付。
乳癌学会事務局   office@jbcs.gr.jp ←クリックでメールを起動
メール本文に以下を記載のこと。
・ 氏名
・ 所属施設名/科名
・ 同 住所
・ 連絡先電話番号

6.選考方法:応募のあった抄録(氏名、所属はふせる)より、日本乳癌学会国際委員による審査。12月9日現地、国際委員会主催の 「Japan Night」 にて受賞者を発表


JBCS International Fellowship Grant 概要

1.応募資格:日本乳癌学会会員で、以下の要件を満たす者
①申請時、日本に在住していること
②乳癌の研究・診療に従事し、帰国後も日本の乳癌研究・診療に携わる者
③海外での乳癌研究・診療に関する研修先が決まっており、受賞後1年以内にその研修を開始できること。なお、留学先に関しては、国際委員会が窓口として相談にのることも可能である。なお、他の奨学金を授与することが決まっている場合でも応募は可能である。
なお、本グラントの受賞者は寄付元のPink Beautyのチャリティーパーティーで研究内容を報告する。
2.選考人数:若干名
3.Grant内容:総額100万円(内訳は応募人数、期間によって調整する)
費用は海外での乳癌研究・診療の研鑽のための費用として用いること。
帰国後6ヶ月以内に、研修内容、および研修成果をふまえた今後の乳腺研究・診療への抱負を、日本乳癌学会のニュースレターで報告すること。
4.応募締切日:毎年5月末日→2015年度は10月31日に延長
5.応募方法:申請用紙をメールにて事務局宛に申請し申請用紙へ記載後メ−ルにて応募
送付先アドレス office@jbcs.gr.jp       
(メールタイトルJBCS International Fellowship Grant Applicationと明記すること)

申請用紙 …   PDF   又は   Word

6.選考方法:日本乳癌学会国際委員会にて書類選考を行い、理事会の承認を得る。
7.今回の奨学金は、非営利団体Pink Beauty (http://pinkbeauty.jp/home.html) よりの寄付を基に行われ、帰国後同団体主催のCharity Gala Partyにて報告を兼ねたスピーチを行うことが条件となっている。

 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.