乳癌登録とNCDの登録について

乳癌登録とNCDの登録について(移行期の注意)

乳癌学会が従来から行ってきたUSBを用いた乳癌登録と、2011年から始まった外科学会のNCD登録との関係について、下記の点にご注意ください。

1)2011年の乳癌治療症例に関しては、従来の乳癌学会のUSB登録を継続します(登録の締め切りは、翌年つまり2012年末までとなります)。乳癌治療を行っている施設においては、これが、認定施設、関連施設の認定要件の一つとして義務付けられます。

2)NCD登録の際、「表示専門医」の「乳腺外科」を選択すると、乳癌学会のUSB登録とほぼ同じ詳細な項目の入力欄が表示されますが、2011年症例に関してはこの欄に入力の必要はなく、外科専門医の共通基本項目のみ入力すれば問題ありません。

3)NCDの「乳腺外科」専門医の入力欄に詳細を入力しても、2011年症例に関しては、乳癌学会認定施設・関連施設の認定要件としては認められません。

4)2012年1月より乳癌学会の乳癌登録もNCDに移行する予定です。2012年の症例からは、NCD登録の際、外科専門医の共通基本項目とともに、「乳腺外科」の専門医項目にも入力していただき、これが乳癌学会の登録として採用されることになります。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.