乳がんの放射線治療に関するQ&A

1) 放射線治療を受けていて震災に遭い治療が中断しています。中断によって治療効果が得られないかと心配しています。

乳がんは治療の一時的休止による影響が出にくいがんであることが示されています。2週間程度の休止期間は問題ありません。詳しくは放射線治療の担当医に相談してください。

 

2) 放射線治療を受けている病院が震災の影響で放射線治療ができなくなりました。どうすれば良いでしょうか。

日本放射線腫瘍学会では、震災のために放射線治療が行えなくなった患者を受け入れ可能な施設をリストアップしています。3月18日時点で、東北地方を含めて全国の213施設が受け入れ可能であると表明しています。患者の希望を踏まえて放射線治療を行う病院の紹介が行えますので、担当医と相談してください。

 

3) 避難した先で、放射線治療は受けることはできますか。

乳がんの診療を行っている施設では、院内あるいは近くの連携施設にて放射線治療が行える体制ができています。

PAGETOP
Copyright © 日本乳癌学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.